Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

ダスティン・ジョンソンが64度の Hi-Toe をバッグに入れているわけ

64度のウェッジに限らず,バッグに入れているクラブに関して,ダスティン・ジョンソンとそのフィッター Keith Sbarbaro(TaylorMadeの VP of Tour Operation)のコメントが,GolfWRXに載っていました。ちなみに,最新のWITBはこちら*1

ドライバーシャフト(Fujikura Speeder 661 Evolution 2.0 Tour)

f:id:golf103:20180218215738j:plain

DJ「ドライバーのシャフトは基本的に変えない。ツアーに出てから基本的にはずっとこれだよ。とにかく好きなんだ」

KS「たまに他のにも浮気してみるけど,これ以上にDJに合ってるのはないんだ。なので,ドライバーのテストをするときは,変数はひとつだけですむ」

P790 3番アイアン

f:id:golf103:20180218220641j:plain

DJ「たぶん今年は4番からPWまで同じアイアンで,それにP790の3番アイアンもバッグに入れる。今ウェッジは4本入れてるから,だから3番アイアンか5番ウッドかのどっちかを抜くことになる」

KS「この3番アイアンでDJは260ヤード打つから,5番ウッドのヤーデージギャップを埋められるんだ」

P730アイアン

f:id:golf103:20180218220616j:plain

DJ「オリジナルのDJプロトはロー(ノーメッキ)だったけど,それらをメッキするのを待っていたんだ。いつもクロームアイアンでプレーしていて,その見た目が好きなんだ」

KS「オリジナルのDJプロトはミルドでローだったけど,それだとスピンがかかりすぎた。このクロームメッキをDJはかなり気に入ってる」

64度のHi-Toeウェッジ

f:id:golf103:20180218220722j:plain

DJ「この64度のウェッジを入れて,60度のHi-Toeも入れる。とにかく気に入ってる。普通のとはフェースもグラインドもちょっと違ってる。ローフィニッシュが好きで,それだともっとスピンがかけられる。ソールはちょっと地面にかかるけど…。いつもバンカーで細かい操作を必要としてるので,なので64度ぐらいにロフトがあると助かるんだ」

KS「DJはシャットフェースのプレーヤーだから,64度は役立つんだ。かつては手首を使ってフェースを開かなければいけなかった。でもいまは,自然にスイングができるようになった。ローズが62度のHi-Toeウェッジを気に入っていて,うまくスピンがかけられていた。なので,それをDJが拝借したってかたちだね。50ヤードのところから打って,10フィートほどスピンバックさせられてた。Hi-ToeウェッジとSpiderパターを比較してみる。Spiderはみんなが好きなパターで,われわれのベストなパターのひとつだ。このウェッジは,そういう意味でSpiderパターを想起させる。重心が高いウェッジだと思う。前はボールがフェースをすべりあがっていたから,低くスピンのきいた球は打てなかった。けれど,今は違う。フェースはよりブラストがかかっている」

ソース

Why Dustin Johnson has a 64-degree TaylorMade Hi-Toe wedge in his bag – GolfWRX