Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

イギリスゴルフ #100|北アイルランド遠征|Royal Portrush Golf Club - Dunluce Course|2019年全英オープン開催に向けて改装中

念願かなって北アイルランドに行きました。4日間で7ラウンド,プラス,1コースを訪問。そのときの様子を記します。

そもそも初日はRoyal County Downでラウンドする予定で,ベルファスト空港についてから実際にコースまで行ってみたのですが,前日からこの日の朝にかけての雨のせいで,プレーはできないとのこと。「歩くだけでもできないか?」とかいろいろ交渉したのですが,それも叶わず…。

しかし明日ラウンドする予定だったRoyal Portrushに電話してみたら,「うちの方は大丈夫だよ」とのこと。同じ北アイルランドでも,南のCounty Downの方と北のPortrushの方とでは天気が違うみたいです。ということで,初日はRoyal PortrushのメインコースであるDunluce Courseでやることにして,Royal County Downは明日ということに。移動が大変になりますが,まぁ仕方がない。

Royal Portrush Golf Clubは,メインコースのDunluce,そしてサブコースのValleyという,計36ホールを有するコースで,2019年の全英オープンの会場に決まっています

Royal Portrush Golf Club - Golf Portrush

僕がプレーしたときは,その全英オープンに向けて大規模な改修工事が行われていまして,具体的にはとなりのValleyコースを改造して2ホール持ってきて,このDunluceの17番と18番はValleyコースのものとする,というかたちになります。なので,下の写真は「古い」ルーティングに基づくものです。

f:id:golf103:20171229140141j:plain

プロショップにいったら,こんなリーフレットを手に入れることができました。改装のプランなどをまとめたものです。

f:id:golf103:20171229140153j:plain

1番,茫漠とした中を打ち上げていくパー4。ウェールズにあるRoyal Porthcawlの1番と雰囲気が似てるなと思ったら,設計はどちらもハリー・コルトでした。

f:id:golf103:20171229140226j:plain

2番,ほぼストレートなパー5。タフなバンカーがグリーン近くで待ち構えます。この日は冬ならではのテンポラリーグリーンがだいぶ手前に。

f:id:golf103:20171229140237j:plain

3番,さほど長くないパー3。右手前のフラッグはテンポラリーで,実際のグリーンはスロープの上。ということで,縦距離を間違うと大変なことになります。

f:id:golf103:20171229140251j:plain

4番,軽い左ドッグレッグのパー4。右はOB。

f:id:golf103:20171229140305j:plain

5番パー4は,とてもメモラブル。海に向かって打ち下ろしていきます。バンカーこそないものの,フェアウェイのアンジュレーションがとてもキツイ。全英オープンのときはドライバブルなホールになるのでしょうか。

f:id:golf103:20171229140319j:plain

6番パー3。幅の狭いグリーンに打っていきます。これも手前のスロープが半端ない。海を背にするので,3番のパー3とは向きがちょうど90度違うことになりますか。

f:id:golf103:20171229140326j:plain

7番,左ドッグレッグのパー4。

f:id:golf103:20171229140335j:plain

8番,右ドッグレッグのパー4。手前のフラッグはテンポラリーグリーン。本当のグリーンは奥のポールのあるあたり。ドッグレッグを左・右と変えてくるあたりは,さすがハリー・コルトといったところ。

f:id:golf103:20171229140358j:plain

9番パー5。距離的には長くないですが,グリーンは横に狭く,そして手前のスロープもきついです。

f:id:golf103:20171229140408j:plain

10番,右ドッグレッグのパー5。右肘をしっかりバンカーがガードしています。

f:id:golf103:20171229140420j:plain

11番パー3。新しいルーティングでは13番になりますか。縦にも横にもミスできません。

f:id:golf103:20171229140438j:plain

11番のグリーン奥にアップヒルのスロープが見えたかと思いますが,そこを打ち上げていくパー4が12番。

f:id:golf103:20171229140451j:plain

13番,左ドッグレッグのパー4。ランディングエリアが見えません。

f:id:golf103:20171229140505j:plain

14番パー3。ショートできないという緊張感が,ミスを誘発します。

f:id:golf103:20171229140517j:plain

15番,ストレートなパー4。DJなんかはティーショットをグリーン近くまで転がすんでしょうか。

f:id:golf103:20171229140532j:plain

16番,右ドッグレッグのパー4。全英オープン開催時には18番ホールとして,多くのギャラリーが取り囲むのでしょうか。そのスペースはいっぱいありそうです。

f:id:golf103:20171229140549j:plain

17番,ストレートなパー5。右手のマウンド,そしてバンカーが印象的でした。これがDunlueコースからなくなるのは寂しいという声もあります。

f:id:golf103:20171229140602j:plain

18番,ストレートなパー4。

ということで,確かに17番と18番はホールとしてはウィークなので,これを新設2ホールと入れ替えれば,コースとしての面白さは増すはずです。特に新設の2ホールは,海沿いの大きなSand Dunesの谷を這うように作られていたと見受けられたので(写真を撮るべきでありました),見た目的にも戦略的にもきっと面白い2ホールになるでしょう。

2019年にはどんな姿のコースになっているのか。テレビで見るのが楽しみです。

22 Jan 2016