Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

イギリスゴルフ #98|The Belfry - Brabazon Course|ライダーカップ4回開催という事実だけが拠り所

2016年最初のラウンドは,ライダーカップを4回も開催している,イングランドはバーミンガムにあるThe BelfryのBrabazonコースとなりました。ちなみに,日本だと「ベルフライ」と呼んでいますが,実際には「ベルフリー」なようです。ホテルに3コースが併設されていて,そのメインコースがBrabazon。

f:id:golf103:20171229142210j:plain

ここにPGA NationalのHQもありまして,それがライダーカップ開催の理由なんでしょうね。

f:id:golf103:20171229142225j:plain

ホテルの中には,ライダーカップの歴史を物語るいろいろなものがあって,それ自体は興味深かったです。

f:id:golf103:20171229142241j:plain

お父さんたちがゴルフをしているあいだに,お母さんと子供たちが遊ぶためのスペース。

f:id:golf103:20171229142252j:plain

ライダーカップ4回開催は輝かしい歴史ではあるのですが,コース全体の印象としては,ウォーターハザードがいっぱいあって,マッチプレー用に作られました,というところ。美的に訴えるものはないかな。

f:id:golf103:20171229142306j:plain

「Spritual Home of Ryder Cup」ってなんだそれ。

f:id:golf103:20171229142321j:plain

1番,ストレートなパー4。ランディングエリアのサイドをバンカーが固めます。観客がいなかったら,ただのパークランドコースの光景。

f:id:golf103:20171229142333j:plain

3番のアプローチ。こういうかたちで,ウォーターハザードが数多くからんできます。

f:id:golf103:20171229142404j:plain

4番パー4。フェアウェイ右に水,グリーン手前をクリークが横切る。

f:id:golf103:20171229142420j:plain

6番パー4。左側がずっとウォーターハザード。

f:id:golf103:20171229142428j:plain

10番,短いパー4。セベ・バレステロスがドライバーで乗せたホールです。右手の木の奥に隠れているのがグリーンです。

f:id:golf103:20171229142440j:plain

11番では,グリーンサイドバンカーの改装工事中。年初からおつかれさまです。

f:id:golf103:20171229142451j:plain

14番パー3。これまた観客スタンドがなかったら印象に残りづらい。

f:id:golf103:20171229142502j:plain

いろいろすっ飛ばして18番。池越えのティーショット,フェアウェイが左斜めに走り,アプローチも池越え。いろんな意味で,このコースを象徴するホールです。

といったところで,「ライダーカップコースをプレーした」という達成感と「それ意外に何があったのか」という虚無感とがミックスされた,2016年最初のラウンドでした。

3 Jan 2016