Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

その女,BALDOにつき。|ワンウェイGC

エグゼクティブサマリー

ドライバーなしの実質6本のクラブセッティングな上に,レスキューでのティーショットが壊滅的,さらにバックティーからのプレーと来た日には,何を期待できようか。印象的だったのは,同伴者のひとり(女性)のドライバー。

イントロ

時間があったんで「1人予約」でワンウェイGCに行ってみた。気分転換でドライバーを Vapor Fly Pro に入れ替えてみたんだけど,これがまた練習場で酷い当たりしか出ないので,ラウンドで使うことは放棄した。5Wも最近はバッグから抜いているので,レスキューでティーショットするしかない。

f:id:golf103:20200914155713j:plain

しかも同伴者のひとりがこのコースの常連で,バックティーからやろうと勝手に決めた。普段だったら別に構わないんだけど,いかんせんこういう状態なので,不安しかない。そしてその不安は,1番ホールで確信に変わったのであった。

ホールバイホール

f:id:golf103:20200915061902p:plain

  • 1番パー4。レスキューがダフってトップ。7iでグリーン右。チップがトップしてグリーンを越える。ダボ。
  • 2番パー4。レスキューでプル。左OB。レスキューの打ち直しもフックしたけど左ラフで止まった。3パットしてトリプル。
  • 3番パー3。7iでグリーン。パー。結果的にこの日唯一にパーだった。
  • 4番パー4。レスキューでフェアウェイ,PWでグリーンだったけど,3パットでボギー。
  • 5番パー5。レスキューで左の林,木の根本。左打ちしたけどまだ林を出ない。7iで低いドローを打ってグリーン手前まで。ダボ。
  • 6番パー4。GIRなのに4パットでダボ。
  • 7番パー5。レスキューでフェアウェイ。次のレスキューもうまく打ててグリーン右手前までいったけど,うーん,ボギー。
  • 8番パー3。バックティーからだと220yd。レスキューでプルして左,レッドペナルティエリアに。ダボ。
  • 9番パー4。レスキューでダフって池をぎりぎり越えた。レスキューでグリーン手前まで。ボギー。

f:id:golf103:20200915061907p:plain

  • 10番パー4。レスキューでダフり。谷に落ちてOB。特設ティーからグリーンに。ダボ。
  • 11番パー4。レスキューが薄い当たりだけどドローして左ラフ。ふたつでグリーンに乗せてボギー。このホールのボギーは良しとする。
  • 12番パー4。レスキューがスライスして池。9iもスライス,グリーン右手前の木の下に。長めのバンプアンドランが強すぎてグリーンを越えた。トリプル。
  • 13番パー3。7iでグリーン右手前だったかなー。ボギー。
  • 14番パー5。この日初のドライバーはうっすいストレート。3つでグリーンに乗せた。同伴者がラインを見せてくれたので,バーディー。
  • 15番パー4。レスキューがまたしてもテンプラ気味。9iでグリーンに乗せたが3パットでボギー。
  • 16番パー4。ドライバーまずまず。7iがスライスしてグリーン右手前の池に。ダボ。
  • 17番パー3。7iのティーショットがめっちゃしょぼい当たりだった。ウェッジでグリーンに乗せてボギー。
  • 18番パー5。ドライバーがプルして左の林を突き抜けた。3打目が軽くフェードしたもんで,グリーン右手前に。バンカーはグリーン右手前,ピンは右端という,最悪の状況。ダボ。

総括

前半50打ったのも気づかなかったし,100叩かなくて良かったですねって感じ。ティーショットも良くなかったけど,パットも酷かったな。トータル40パット。GIRが5回あるのに,1バーディー1パー2ボギー1ダボ。うへー。

いやほんとバックティーでも全然いいんですけど,あくまでも「ただしレスキューでちゃんとティーショット打てたら」って条件付きで,それができなかったら,どうしようもない。

いやー,ひどい。

同伴者

唯一の救いは,同伴者にめぐまれたこと。バックティーでやるのを勝手に決めた常連さんも悪い人ではないし,地元・土浦の面白い話がきけたし,なにより上手。もうひとりの男性(50代後半)はノリが良くて楽しい。

そして30代の女性。とにかくドライバーが上手くて,よくよく見たらBALDOのドライバーだった。「よく聞かれるんですけど,職場の女性の先輩からもらったんです」って,何その職場。面白そう。

なんだけどなんていうかその女性,「BALDO使ってます」から連想されるゴリゴリな感じではまったくなくて,むしろ穏やかで気づかいができてプレーが早くてさらに色っぽいという,なにその理想的なって感じでした。