Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

シャフトの試打に行ってみた|Tensei CK Orange は認める

フェアウェイウッドのシャフト探しの旅。居ても立っても居られなく,試打に行ってみた。ただしビックカメラのゴルフショップなので,選択肢は非常に限られている。

プロに見てもらいながら打っての気づき:

  • フェアウェイウッドは50グラム台のシャフトしかなかったので参考にならず。
  • しかしその中ではM6純正の「FUBUKI TM5 2019」がまだマシだった。
  • ドライバーは Ping G410 SFT のヘッドで,Mitsubishi Tensei CK Orange 60Sをテスト。
  • 確かにスムーズに振り抜けるわ,これ。
  • 「ちょっと重め」というPingの純正シャフトも試したけど,切り返しでの挙動が多すぎるのでNG。
  • 計測器では計測できていないけど「ヘッドスピードはたぶん47m/sぐらいでしょう」とのこと。
  • 普通に打ってもスピン量は2300rpmぐらいなので,低スピンモデルのヘッドにする必要はないだろう。
  • 「だとするとドライバーは70グラム台でもいいでしょう。球の高ささえ出せればもっと飛距離が伸びるでしょう」。
  • 「となれば,フェアウェイウッドも80グラム台でもいいかも。ただし球の高さ(以下略)」

ということで,Tensei CK Orange は認める。というか,Mitsubishi を認める。

f:id:golf103:20191219150522p:plain
Buttを少しだけソフトにしてるのがポイントなんだろう

追記|2019-12-20

コメント欄でSYさんがレコメンドしてくださった Diamana D+ Limited のレビュー記事があったので,貼り付けます。

Diamana D+ PLUS Limited Edition | Golf Days

要は,Tensei Orange と似たような挙動だけど,Tensei Orange はインパクト付近でTipが「走る」感覚がある。Diamana D+ Limited はそれがなく「何もしないシャフト」,とのことです。