Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

朝イチのティーショットはプロでも緊張するか|data golf

PGAツアーもしばらく再開されないので,data golf の記事を適当に紹介しようかと思っていたんですが,data golf のツイートが「お気に入りのブログ記事を紹介するよ」って言ってたんで,それに沿ってやってみます。

ひとつめは,朝イチのティーショットはプロでも緊張するかという話。

f:id:golf103:20200524180218p:plain

ソース

First-Tee Jitters – data golf blogs by data golf, 18 July 2016

概要

前置きがいろいろと長いけれど,とにかく朝イチのショットでタイガー・ウッズが左にミスしたのを見て,全体的な傾向を調べようと思った。純粋に比較できるデータを選ぶのは難しかったけど,とりあえず大会の1日目と2日目,その人のその日の最初のホールのティーショットが,フェアウェイセンターから左右にどれぐらいブレるのかを見てみた。

結果は以下の通り。

f:id:golf103:20200524180435p:plain

ご覧の通りで,初日は最初のティーショットの方が,それ以外のティーショットより平均1ヤード近くブレが大きくなっているけれど,2日目のティーショットにはそれほどの差がない。ということで,「プロにとっては〈その日の朝イチ〉というよりは〈大会最初のティーショット〉の方が緊張度が高いのではないか」と言えそうだ。

タイガーに限っていえばどうかとういと,結果はこの通り。

f:id:golf103:20200524180631p:plain

このように,3日目を除いては,むしろ朝イチのティーショットの方が左右のブレが小さい。ただしデータのサンプルサイズが小さいので,統計的に有意かどうかは微妙だが。