Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

イギリスゴルフ #118|Swinley Forest Golf Club|ハリー・コルトの「最も悪くない」コース

ここでプレーする瞬間を,どれだけ待ち望んだことか……。

Swinley Forest Golf Club。ロンドン南西のAscotに位置する,超プライベートなゴルフクラブ。皇族や首相や外交官や企業のトップたちがメンバーで,年会費というものはなく,毎年年末にその日にかかった経費をメンバーに請求するという噂。世界TOP100に必ずランクインする,ヘザーランドコース。"The Confidential Guide to Golf Courses"でも,18ある"The Groumet's Choice"に選ばれ,4人の共著者の評価は8/8/9/8。1910年に設計したハリー・コルトいわく,彼にとって “least bad” なコース……。

ウェブサイトもない中で,まして知っているメンバー(あるいはメンバーを知ってそうな知り合い)もいない中で,わずかな希望をかけて,Instagramのプロフィール欄に「Swinley Forestでラウンドしたい」と記しておくこと数ヶ月。そしたらある日,フォロワーのひとりから「電話したらビジターでもティータイムをアレンジしてもらえるみたいだよ」とのメッセージを受け取りました。恐る恐る電話してみたら,なんとその通りで,教えてもらったアドレスにメールしてティータイムをゲット。そしてついにこのラウンドにこぎつけました。

f:id:golf103:20171229070910j:plain

1番,打ち上げでストレートなパー4からスタート。右に見えるのは18番ホールのフェアウェイです。

f:id:golf103:20171229070919j:plain

2番もパー4。フェアウェイの入り口が小さなマウンド&ヘザー&バンカー。

f:id:golf103:20171229070924j:plain

2番のアプローチ。ヘザーがハザード代わりになっています。

f:id:golf103:20171229070931j:plain

3番もパー4。シンプル,ではあるのですが,あるいはそれゆえの造形美が感じられます。

f:id:golf103:20171229070938j:plain

4番,このコース最初のパー3。さすが,パー3設計の名手,ハリー・コルトといったところ。グリーン手前はスロープ,右のバンカーはグリーンからは少しだけ離れている。

f:id:golf103:20171229070943j:plain

5番,右ドッグレッグのパー5,軽い打ち下ろし。この雄大さと美しさよ。

f:id:golf103:20171229070949j:plain

6番,アップヒルのパー4。奥に見えるのは7番ホール。

f:id:golf103:20171229070955j:plain

7番もアップヒルのパー4。6番よりスロープが急でしょうか。フェアウェイ中央に大きなバンカーが横切ります。

f:id:golf103:20171229071005j:plain

8番パー3。このへんから,どんどんコースが面白くなっていきます。

f:id:golf103:20171229071012j:plain

9番,左ドッグレッグのパー4。珍しく,狙い通りのドローボールが打てました。

f:id:golf103:20171229071018j:plain

その9番のグリーン。

f:id:golf103:20171229071025j:plain

10番,長いパー3。中央に見えるバンカーは,実際はグリーンから少し距離があります。

f:id:golf103:20171229071031j:plain

11番,短いパー4。レギュラーティーからはこの光景でドライバブルなのですが…

f:id:golf103:20171229071038j:plain

……バックティーからはこの光景。フェアウェイがまったく見えません。

f:id:golf103:20171229071045j:plain

12番,左に折れて右に折れるパー4。軽い打ち下ろし。ホールのすべてが見渡せるだけに,どのルートで行こうか迷わされます。

f:id:golf103:20171229071053j:plain

13番,パー3。

f:id:golf103:20171229071102j:plain

14番,パー4。グリーンに対しては左側からアプローチしたいのですが,フェアウェイ左にこのバンカーが待ち構えています。

f:id:golf103:20171229071108j:plain

15番,打ち上げのパー5。グリーンに近づくほどスロープが急になります。

f:id:golf103:20171229071116j:plain

その15番のグリーンからフェアウェイ方向を見下ろしたところ。ずっとここにいたい…。

f:id:golf103:20171229071124j:plain

16番パー4。グリーンは明らかな2段グリーンです。

f:id:golf103:20171229071133j:plain

17番パー3。これまた,右手前のバンカーが,微妙に距離感を狂わせます。

f:id:golf103:20171229071141j:plain

18番パー4でおしまい。

ラウンドを通じて思ったことは,ここはメンバーとしてプレーするのに最適だな,ということです。毎日でのプレーしたくなるほどの面白さがあるのに,くどさがないし,過剰なタフさもない。エクスクルーシブな雰囲気の中で,気の合う仲間たちと,あるいは大事な人たちと,ゆっくりとプレーを楽しむ。そんな目的に最高に適ったコースだな,と思います。

いつの日かまた,ここを訪れる機会があといいな。

12 March 2016