GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

酔狂でVスチールの7番ウッドを買ってしまった

ランチタイムにいつものゴルフパートナーに行ってクラブ触って気分転換するかー,と思ったら,こんなものに出くわしてしまいました。

f:id:golf103:20180216230955j:plain

初代Vスチールの3番・4番・5番を持ってる僕としては(Vスチール,3番・4番・5番が揃い踏み - GOLF 103),これを見逃すわけにはいかない! 2000円だし,シャフトがまたDGのLITEという,なんともくすぐる設定。久しくDG系のシャフトは使っていませんでしたが,ワッグルしてみると,なんとも懐かしい感じ。

ということで,深く考えもせずにさっさと購入してオフィスに戻ったのでした。

帰宅後にグリップ交換して重さを測ったら,365グラムと判明。最近全体的にクラブの軽量化を図っていたので,これだけ突出して重い格好になりました。写真にあるように,長さは41.5インチなようです。

しっかし,ロフト21度のとこだけで,このVスチール7番と,タイトリストのハイブリッド915Hと,ミズノのMP-H5という3本を持つことになり,何やってんだ自分。

2018/2/17 追記

自宅前の空き地で素振りしてみました。43.5インチに切った,R510TP w/ Speeder 569 と併せて。

7番ウッド単体で振っていると,この重量感が気持ちいいし,重さを感じながら振るのでクラブの軌道が安定する気がするのですが,ドライバーと交互に振ると,さすがにその重量感の違いが如実に感じ取られます。「重量フロー」なるものの大事さが初めて分かった気がしました。もしかしたらこの7番ウッドは,ドライバーでのティーショット前の素振り用に最適かも(笑)

ここで改めて,「振れる範囲内で最も重いもの」がいいのかあるいは「軽硬」がいいのか,という問題を認識したのですが,今のところは深く考えないことにします。

f:id:golf103:20180217165133j:plain