Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

秋のマスターズでオーガスタのセカンドカットは古き良きラフになる|GOLF.com

f:id:golf103:20201119120922j:plain

またしてもシプナックの記事ですが,今度は秋開催となったオーガスタのコースコンディションについて。

ソース

Second cut? At this fall Masters, Augusta National has old-fashioned rough by Alan Shipnuck, 13 November 2020

拙訳

オーガスタ・ナショナルのラフは通常,セカンドカットという貴重な婉曲表現があるほど,穏やかなものだ。しかしブライソン・デシャンボーが金曜日の午後,3番ホールをプレーしていたときに見出したように,今年は違っていた。彼はティーショットを左ラフに15-20歩ほどのところに突っ込んだあと,ボールが消えてしまい,二度と見つけることができなかった。 *1

それはひどくアンラッキーな分岐点であり,続くトリプルボギーによって,トーナメント前には優勝候補であったデシャンボーを,カットラインの反対側に押しやった。また,今年のセカンドカットがどれほど長く厚いものになっているかが,はっきりと浮き彫りになった。伝統的には正確に1 3/8インチにカットされているが、ダニー・ウィレットは金曜日に「3インチに近いと言えるかも」と言っていた。 *2

今週は散発的に雨が降ったため,オーガスタ・ナショナルでは軟弱な地面に芝刈り機を走らせることができなくなってしまった。「月曜日に練習ラウンドをしたんだけど,その時に芝が長くなっていることに気がついたんだ」と,ベルンハルト・ランガーが金曜日に語っている。「日に日に長くなっているね」と。 *3

ライグラスとバミューダが混ざっているので,芝目も強くなっている。「順目であれば」と,タイガー・ウッズが語る。「そう,グリーンを狙うことができるし,コントロールすることもできるかもしれないけど,逆だったら,本当にチャンスがない。ショートゲームとアングルに頼るしかないんだ」。 *4

今のところボールをロストしたのはデシャンボーだけだが,ラフからのショットはすべて難題になっている。芝の渦巻きは一種のロールシャッハ・テストであり,プレーヤーは皆,自分のボールが打たれたときにどのように反応するかを直感で判断しなければならず,特異な入射角,クラブヘッドスピード,ボールのモデル,そしてアイアンの溝のパターンを考慮しなければならない。「それは,ほとんどの人がそれを見てきたであろうものよりも,はるかに長い地獄だ」と,ウィレットは言う。「さらに湿ってるし,死んだ球しか打てないね。うん,こんなのからの距離をジャッジしようとすうるなら,正直なところ,死んだ球が出てくる方がいいかもしれない」。 *5

フィル・ミケルソンは真逆の見方をしている。「少し長いけれど,濡れているし,それほど芝が絡まない。乾いているときは芝が絡んで死んだ球が出るけど,少し濡れているからボールはまあまあいい感じで出るし,いつもみたいにボールがショートするってこともないよ」。 *6

セカンドカットはミスショットに対する軽いペナルティとして導入されたもので,スピンをかけるが少し難しくなり,究極のセカンドショットのゴルフコースで正確なショットを打とうとするときは重要になる。しかし,雨は奪い,そして与える。アダム・スコットは気まぐれなラフにほとんど悩まされていない。というのも,グリーンがまだとても柔らかいので,セカンドカットからのスピン量の少ないショットでさえピタっと止まってしまうからだ。「普通は少しコントロールを失うだけだね」と,スコットは言う。「グリーンがもう少し硬ければ意思決定が少し難しくなる。グリーンを直接狙おうかどうしようかというところでね。今のところはもう少し簡単だね」。 *7

そして2020年だからこそ,ラフに打つことが有利に感じることもある。ファウラーは,彼の推測では,細かく刈り込まれたフェアウェイで1ラウンドあたり泥球を6回ぐらい打っている。「実際昨日,11番をプレーしてたときにウィレットに言ったんだ。彼はフェアウェイをちょっと右に外してファーストカットに打って,そこから6番か7番アイアンでチップしてグリーン中央に打ってた。僕はフェアウェイの真ん中で泥球で,12番のティーを越えたところを狙わなきゃいけなかったけど,でも実際は水に打ち込みそうになったよ。なので,あのファーストカットで泥球になるのはほとんどないんじゃないかな。状況によっては,ほとんどそっちの方がいいというか,気にしないというか」。 *8

考慮すべきことはたくさんあるが,ベルンハルト・ランガーの言葉で締めくくるのが賢明だろう。「フェアウェイはたくさんあるから,ただまっすぐ打てばいいんだよ」。 *9

*1:The rough around Augusta National is usually so benign it has a precious euphemism: the second cut. But things are different this year, as Bryson DeChambeau discovered Friday afternoon whilst playing the 3rd hole. He sniped his tee shot 15 or 20 paces into the left rough and then his ball simply disappeared, never to be found again.

*2:It was a wickedly unlucky break and the ensuing triple bogey pushed the pre-tournament favorite to the wrong side of the projected cut line. It also vividly underscored how much longer and thicker the second cut is this year. Traditionally it’s cut to exactly 1 3/8”, but Danny Willett said on Friday “you could maybe call it close to three inches.”

*3:The heartier Bermuda grass has been sprouting in an unseasonably warm autumn while sporadic rain this week has made it impossible for Augusta National to run mowers on the soft ground. “I played a practice round Monday and I noticed it was longer then and they haven’t cut it since,” Bernhard Langer said on Friday. “It’s getting longer every day.”

*4:Grainier, too, as the ryegrass and Bermuda comingle. “If you have a down grain lie,” says Tiger Woods, “yeah, you can get to the green, maybe even control it, but when the grain is sitting down, there’s really no chance, so you’re going to have to rely on short game and angles.”

*5:DeChambeau is the only player so far to actually lose a ball but every shot out of the rough is problematic. The swirls of grass are a kind of Rorschach test and every player must intuit how their balls will react when struck, accounting for idiosyncratic angles of attack, clubhead speed, model of ball and groove pattern in their irons. “It’s a hell of a lot longer than I think what most guys have seen it,” Willett says. “Wet under that, as well, so we’re getting a lot [of balls] that are coming out a little bit dead. Yeah, trying to judge your distance out of this stuff, probably better it coming out dead than it coming out quick, to be honest.”

*6:Phil Mickelson sees it exactly the opposite: “Although it’s a little longer, because it’s wet, it’s not as sticky. When it’s dry, it’s sticky, and the ball comes out dead, but because it’s a little wet, the ball’s kind of coming out okay and not coming up as short as it normally does.”

*7:The second cut was introduced as a low-key penalty for errant drives; it makes it a little harder to impart spin, and that is significant when playing to precise spots on the ultimate second-shot golf course. But the rain taketh and the rain giveth. Adam Scott has been largely unbothered by the vagaries of the rough because the saturated greens are still so soft that even spinless shots from the second cut are stopping dead. “Normally, you’re just losing that little bit of control,” Scott says, “and on a firmer green, you’ve got some difficult decisions to make on how you’re going to manage to get it on the green or keep it on the green. It’s a little more straightforward out there at the moment.”

*8:And because it’s 2020, there are times when hitting it into the rough can actually feel advantageous. Fowler estimates he’s getting half-a-dozen mudballs per round on the closely-cropped fairways. “Actually, I mentioned it to [playing partner Willett] yesterday when we were on 11. He had just missed the fairway right, into the first cut, and chipped a 6- or 7-iron down there to the middle of the green. I was in the middle of the fairway with a mud ball and had to aim over at 12 tee, and I still almost hit it in the water. So I feel like it’s almost harder to pick up mud balls in that first cut. In some situations, you’d almost rather that, or you wouldn’t mind it.”

*9:There is much to consider here but it’s probably wise to give Bernhard Langer the last word: “There’s plenty of fairway out there, you’ve just got to hit it straight.”