Linkslover

世界中のどんなコースに行ってもサマになる。そんなゴルフを僕はしたい。

ゴルフニットキャップコレクション

イギリスでゴルフ場めぐりしていたとき,必ず買っていたのはグリーンフォークなんですが,たまにニットキャップも買っていました。基本的に冬のグリーンフィーが安いときに行ってたので,どうしてもニットキャップに目が行っちゃってたと思うんですよね。

Castle Stuart

f:id:golf103:20181223064937j:plain
Castle Stuart

単色無地が多い中で,このパターンは新鮮に思えました。コースのロゴとなんとなく雰囲気が合っているのも良かった。とはいえ,他のコースでこれと同じ柄(のロゴ違い)を見かけたときは,少し失望しましたが。

Castle Stuartは,スコットランドの北東部,Invernessにあるリンクスコース。設立は2009年と比較的新しいんですが,他の古くからあるリンクスに引けを取らない,美しさと面白さを持っています。ほんとよくできてるコースです。

イギリスゴルフ #68|スコットランド遠征|Castle Stuart Golf Links|スコティッシュオープン開催コース - Linkslover

The Addington

f:id:golf103:20181223064710j:plain
The Addington

この中でいちばん何の変哲もないデザインです。なんでわざわざこんなの買ったのか。

たぶん「そういや真っ白のって持ってなかったな」と思ってこれを買ったと思うんですが,2年のあいだに同僚とここで数回ラウンドして,その思い出をかたちにしておきたいっていうセンチメンタルな理由もあったと思います。

The Addingtonは,ロンドン南部にあるヘザーランドコース。ゴルフツーリズムの文脈では名前が出てこないと思いますが,古いコースだけあって,いまの設計ではありえないファンキーな要素があって,楽しいんですよね。

イギリスゴルフ #26|The Addington Golf Club|トム・ドォークの "The Confidential Guide" に触発されて - Linkslover

イギリスゴルフ #99|The Addington Golf Club|ファンキーでユニークなアディントン - Linkslover

Ganton

f:id:golf103:20181223065026j:plain
Ganton

水色。「寒い冬に敢えて寒色を」というモチベーションで買ったと思います。お花のロゴに,古い雰囲気の書体。Gantonに思い入れがないと絶対買わないデザインだと思いますが。

Ganton Golf Club。イングランド北東部,ヨークシャーにある歴史あるコース。ロンドンから遠いからなかなか行けなかったですが,気合いの4時間半ドライブで行きました。そんな思い入れのあるコースです。

あ,1949年ライダーカップ開催,2000年にCurtis Cup開催,2003年にWalker Cup開催とか,いろいろすごいんですよ。世界コースランキングTop100にも名前出ますし。

イギリスゴルフ #96|北イングランド遠征|Ganton Golf Club - Linkslover

Prince's

f:id:golf103:20181223065001j:plain
Prince's

ロゴの絵柄だけでいったら,いちばん好きです。控えめなポンポンも,プレーの邪魔をしない。そして,好きな色。完璧じゃないですか。惜しむらくは,コースがそれほど著名ではないところ。

Prince's Golf Club。ロンドンから南東にったKentにあるリンクスコース。なんですが,近所にあるRoyal St George'sとかRoyal Cinque Portsに比べると,コース的にはどうしても見劣りします。

でも,まぁ,いいですよ。初めてリンクスコースでプレーするならこういうところで試運転した方がいいと思う,的な感じ。1932年に一度だけ全英オープンを開催している。自ら創造したサンドウェッジでジーン・サラゼンが優勝したのは,割と有名な話。

イギリスゴルフ #19, 20|Prince's Golf Club|サンドウィッチのリンクスコース - Linkslover

Swinley Forest

f:id:golf103:20181223064724j:plain
Swinley Forest

このボーダー。首から下に何を着たらフィットするのか,いまだに答えが見つかってないですが。レアさでいったら,これがいちばん。

Swinley Forest Golf Club。ロイヤルファミリーとか政界関係者とかがメンバーでゴロゴロいるという話の,超プライベートなコースです。僕がいちばん好きな設計家ハリー・コルトが作って,彼自身が「いちばん出来が悪くないコース」と控えめに自画自賛している。

僕はコースに電話してメールして頼み込んでプレーさせてもらいましたが。

イギリスゴルフ #118|Swinley Forest Golf Club|ハリー・コルトの「最も悪くない」コース - Linkslover

Portstewart

f:id:golf103:20181223064825j:plain
Portstwart

紺無地。集めの折返し。洗練のかけらもないロゴ。Portstewartじゃなかったら絶対買ってない。

北アイルランドのPortstewart Golf Club。2017年のIrish Open開催地。全英オープンの前哨戦として松山英樹がプレーしたのに,ゴルフネットワークが大会を中継しなかったのは,今でも恨んでます。

ほんとこのコース,前半9ホールは最高に面白いんだよなぁ。後半とのギャップがありすぎ。

イギリスゴルフ #105|北アイルランド遠征|Portstewart Golf Club - Strand Course|前半9ホールだけなら世界トップレベル - Linkslover

Royal Cinque Ports

f:id:golf103:20181223064913j:plain
Royal Cinque Ports

この中でいちばん見た目が派手。いちばん厚手で,いちばん温かい。「ニットキャップはもういいや」と思っていたんですが,プロショップでこれを見つけて,他にはないデザインと,「すげーあったかいよ」と言うスタッフの声に惹かれて買ってしまった。

Royal Cinque Ports Golf Club(なのでRCP)は,上記の通り Kent にあるリンクスコース。その3コースの中ではいちばん最後に訪れたので,達成感も少し混じってる。コース後半のホールのフェアウェイのアンジュレーションは,冬の低い日光が当たると,ものすごく幻想的な光景を産む。

1909年と1920年に全英オープンを開催しています。

イギリスゴルフ #106|Royal Cinque Ports Golf Club|フェアウェイのアンジュレーションがなんとも幻想的な「Deal」 - Linkslover

Ryder Cup

f:id:golf103:20181223064758j:plain
Ryder Cup

ライダーカップのロゴ入りなんですが,それを言うまで誰も気づいてくれない。言ったとしても誰も何も言わない。薄手で柔らかい素材なので,つけ心地がいいです。オフィシャルオンラインショップで購入。

NIKE GOLF

f:id:golf103:20181223064742j:plain
NIKE GOLF

100%トミー・フリートウッド意識。それしかない。ビックカメラでセールのときに買った。

f:id:golf103:20181223074726j:plain
2017年のAlfred Dunhill Links。カーヌスティでコースレコードを出したトミフリさん。

Ralph Lauren

f:id:golf103:20181223064847j:plain
Ralph Lauren

ただのラルフローレンです。この中でいちばんつまらない。というか,持っていたことを忘れていた。ゴルフを初めてすぐに買ったもの。そのころはかっこいいと思っていたんですが。

たぶん本当は,ルーク・ドナルドにちなんでRLXのが欲しかったんですが,手に入らなかっか高かかったかで断念したんですよね。

まとめ

新たなニットキャップを買うたびに妻に白い目でみられますが,普通のキャップほどかさばらないのがいいです,ニットキャップは。