Linkslover

ぜんぜんわからない 俺たちは雰囲気でゴルフをやっている

義理の叔父がメンバーなもので|相模野カントリー倶楽部(城山&愛川)

義理の叔父がメンバーなもので,誘われて相模野カントリー倶楽部でプレーしました。

f:id:golf103:20181213095316p:plain

相模野カントリー倶楽部-公式HP-|相模野カントリー倶楽部-公式HP-

朝から雨だし寒いし,でも行ってみるとラウンジは人生の大先輩たちでガヤガヤ。しかしこれでも空いている方で,メンバーたちはコーヒー飲みながら雨が止むのを待って,ティーオフを遅らせてラウンドするのだそうです。

27ホールあるうち,今回は城山コースと愛川コースをまわりました。公式サイトの記述によると,城山は「全体的に狭い設計で技術面が問われる9ホール。距離は無いが様々な罠が待ち構える」。そして愛川は「全体的に距離のあるフラットな設計。ロングヒッター向けの9ホール」とのことです。

僕と叔父と,あと初対面のメンバーふたり(そのふたりはいちど一緒にまわったことがあるらしい)という,4人でスタート。

前半:城山コース

  • 1番パー4:左ドッグレッグ。ティーショットはドライバーを軽く打ってストレートボール,右ラフに着地。2打目,アイアンがグリーンオーバー。寄せられずボギー。
  • 2番パー3:アイアンが当たりそこねて右手前に。寄せられずボギー。
  • 3番パー4:ストレートでダウンヒルなホール。ドライバーでのティーショットはランも出てそこそこの飛距離。2打目,左足下がりの急傾斜でどトップのミス。3打目,ショート。寄せワンのボギー。
  • 4番パー5:ストレートでアップヒルなホール。ドライバーでのティーショットは大ダフリ。2打目,5Wのショットはどトップ。4つでなんとかグリーン脇まで運び,寄せワンのボギー。
  • 5番パー4:打ち下ろしでS字にくねるホール。狭い。ドライバーのティーショットは右OB。特設ティーからグリーン左脇。寄せ失敗。3パット。クアドラプルボギー。ティーインググラウンドでいやな予感がしたので,3番アイアンで打つべきだった。
  • 6番パー3:100yd。ピンがグリーン奥だと思ってAWをパンチで打ったら狙い通りグリーン奥に乗せられたけど,実はピンはグリーンセンターだった。3パットでボギー。
  • 7番パー5:ドライバーは超低いフェード。2打目,3番アイアン引っ掛け。3打目,左足下がりのライで4番アイアントップ。4打目6番アイアンでなんとかピンハイに持っていく。2パットのボギー。
  • 8番パー4:ティーショットはフェアウェイ。2打目,わずかにショート。チップがピンに当たってバーディー逃しのパー。
  • 9番パー4:ティーインググラウンド工事中につき190ydのホール,ティーショットは7番アイアン以下限定。ということで,7番アイアンとSWでグリーン手前に。寄せワンでパー。

後半:愛川コース

  • 10番パー5:左ドッグレッグの打ち上げ。ティーショット引っ掛け。2打目,3番アイアンで低いドロー,まずまず。しかしそれがグリーン手前の木の根元に着地。3打目,PWで出すだけ。寄せもしくじったが,パットをなんとか決めてパー。
  • 11番パー3:アイアンショットがつかまらずグリーン右手前のバンカーに。寄せられずに2パット,ボギー。
  • 12番パー4:短くてストレート。フェアウェイ途中の木を避けたいのでティーショットは3番アイアン。2打目,9番アイアンは意図せずフェードでグリーン右脇に。寄せワンでパー。
  • 13番パー4:ドライバブルな距離。ティーショットは花道左のラフまで。PWでの転がしが寄らず2パット。パー。
  • 14番パー3:打ち下ろし。ティーショットがトップしてフェード。チップがダフリ。2パットのボギー。
  • 15番パー5:ティーショットも2打目も良かったが,3打目が左足下がりのライからSW。グリーン手前のバンカー避けたくてしっかり振ったらグリーンオーバー,しかも奥バンカーの奥の縁に近いとこに目玉。4打目で出してグリーン越える。5打目が寄らず。3パットのトリプルボギー。
  • 16番パー4:ティーショットが右ラフ。2打目を花道に持っていくつもりが少しだけ右に出て,グリーンにかかるアプローチショットが残る。SWを開いて打ったらダフリ。4打目寄せられず。2パットのダブルボギー。
  • 17番パー4:ストレートなホール。ティーショットは右のFWバンカー。2打目,8番アイアンのショットがどトップ。3打目のSWがシャンク。寄らず2パット。ダブルボギー。
  • 18番パー4:打ち下ろしのストレートなホール。ティーショットはビッグドライブで右ラフ。2打目,8番アイアンでグリーン手前に。しかしピンは奥。3パットでボギー。

反省

ショットの質はあがっていると思うし,寄せも良くなってきていると思うんですが,前のラウンドから意図せず飛び出すアイアンショットのフェードボールに戸惑ったのが一点目。そして急な左足下がりのライからトップのミスショット,あるいは縦距離が合わない,というのが二点目。そして三点目として,グダグダなホールが多いのと,ミスが連鎖して大叩きしちゃってるということ。

この辺を改善していかないと,ベスト更新とその先のレベルは見込めないんでしょうね。

狭いホールが多いので仕方がなかったですが,ティーショットでの緊張度が高かった。本来ならカップに近づくにつれて緊張度を高めていかなければいけないところが,そうできなかったので,そこはショットの技術向上だったり(再現性を高めて楽にフェアウェイをとらえる),適切なクラブ選択が必要とされるんでしょうね。

グリーンはおしなべてお椀型で,雨上がりの割りにスピードも出ていたので,パッティングは難しかった。寄せワンでなんとかしのいだホールが少なからずあって,途中で息切れした感がある。ここもやっぱり,ちゃんとグリーンを捉えてタップインでパーをとるホールを増やしていきたいものです。

まぁしかし,ドライバーの飛距離が出るようになったのだけは,満足。同伴のメンバーの方からも,「コンペいったらドラコン全部とるでしょ。コンペこないでって言われるでしょ」と,お世辞を言われました。「いやー,もっとすごいやつがいるんで,ぜんぜんドラコンとれないんですよ」と言っておきましたが。