Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

イギリスゴルフ #95|Midlands遠征|Notts Golf Club|通称「Hollinwell」,ウィリー・パークJr設計の名作

ウィリー・パークJr設計の三大コースといえば,SunningdaleのOldコースがトップで,そして「Hollinwell」と言われるノッティンガムのNotts,さらにはOxfordshireにあるHuntercombeである,とどこかで目にしたのですが,それもあってNottsはずっと行きたいコースでした。

f:id:golf103:20171229183159j:plain

彼が設計したコースに行くと,もれなくこの写真を目にします。スコットランド出身で,もともとはゴルファーとして全英オープン優勝2回。Wikipediaの記事によると,イギリス,アイルランド,ヨーロッパ,北米で,合わせて170ほどのコースを生涯で設計したとあります。

さて,Nottsは,ロンドンからクルマで北上すること3時間弱。高速道路のM1を降りて,緑に囲まれた道を少しだけ東に進むと,コースに到着します。

f:id:golf103:20171229183211j:plain

歴史を感じるクラブハウス。この日はメンバー同志の集いがあったようで,夕方以降は多くの「boys」たちがパブで楽しくやっていました。

f:id:golf103:20171229183223j:plain

やっぱりいました,ウィリー・パークJr先生。

週末はビジターは12時以降からしかスタートできなかったはずですが,ティーが空いているスキをみてちゃちゃっとスタート。

f:id:golf103:20171229183237j:plain

1番ホールはストレートなパー4。特に特徴はないですが,なんとなくこのあとに期待が持てる光景です。

f:id:golf103:20171229183248j:plain

2番,左ドッグレッグのパー4。なんともカラフルな植生ですね。

f:id:golf103:20171229183303j:plain

3番は軽い打ち下ろしのパー5で,ここでいったんクラブハウスに戻ってきます。スタートに間に合わなかった人もここで合流できる,という配慮でしょうか。

f:id:golf103:20171229183316j:plain

再びクラブハウスを背にして,4番パー4。フェアウェイにこんなバンカーが待ち構えています。グリーンのフロントエッジまでだいたい110ヤードぐらいの位置。

f:id:golf103:20171229183327j:plain

5番,コース最初のパー3。これはグリーン左から。冬のイギリスは昼間での太陽が低いので写真を撮るのが大変ですが,たまにこんな美しい光が撮れたりします。

f:id:golf103:20171229183337j:plain

6番パー5。たしかこのホールの脇に,通称「Hollinwell」の由来になっている井戸があったと思うのですが,ティーショットをミスしてそれを探す余裕がありませんでした。

f:id:golf103:20171229183348j:plain

7番8番とストレートなホールが続き,9番パー3はこんな感じ。この光景を「趣がある」とみるか「もの寂しい」とみるかは,好みの問題でしょう。

f:id:golf103:20171229183403j:plain

11番パー4。丘の方に向かって打ち上げていきます。左右が法面になっています。

f:id:golf103:20171229183415j:plain

12番のティーに向かう途中,11番のグリーンを見下ろしたかたち。たぶんこのコースでいちばん美しい光景でしょう。

f:id:golf103:20171229183426j:plain

高いところに登ったこともあり,12番から少しだけ雰囲気が変わります。ティーショットはいままでなかったブラインド。

f:id:golf103:20171229183442j:plain

13番は打ち下ろしのパー3。レギュラーティーから200ヤード弱。

f:id:golf103:20171229183454j:plain

16番パー4は,ティーショットが打ち下ろしで,距離も350ヤードほど。距離がないかわりに,グリーンは横長で,その手前にはこんなバンカーが。

f:id:golf103:20171229183536j:plain

17番パー5。終わりを予感させる光景です。このホールの左手に,クラブハウスが見下ろせます。

f:id:golf103:20171229183605j:plain

18番,ストレートで軽く打ち下ろしてくるパー4。バーからメンバーの同志たちがあなたのプレーを見つめています。

プロショップの方に聞いたら,日本人ゴルファーも頻繁ではないにしろこのコースを訪れている,とのことでした。イギリスといえばリンクスコースが想起されますが,こういった内陸の密やかで美しいコースも,もっともっと注目されてほしいです。

21 Dec 2015