Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

イギリスゴルフ #24|ポルトガル遠征|Oitavos Dunes|カスカイスにあるモダンなシーサイドコース

ポルトガルの旅は,南の Algarve からクルマで一気にリスボンまで北上し,そしてそこからさらに西のカスカイス(ユーラシア大陸の最西端みたいです)に向かいました。宿泊先からクルマで15分ほどの場所に位置したのが,Oitavos Dunes です。

Oitavos Dunes - Portugal's Nº1 Golf Course - Cascais Lisbon

モダンなクラブハウスが印象的な,シーサイドコース。広大な敷地内に5つ星ホテルがある,一大リゾート施設といったところです。こんな感じで何度か「世界のゴルフ場ランキング100」に入っており,そしてそれを誇らしく掲げておりました。

f:id:golf103:20180105211809j:plain
モダンなクラブハウス

コースは,いかにも海沿いの砂地(sandy terrain)に作られましたという光景と土壌と植生。冷たい風が吹きすさぶスコットランドのリンクスでゴルフの原体験を味わうのもオツですが,太陽のもと半袖でするシーサイドのゴルフもまた格別です。

f:id:golf103:20180105211827j:plain
間近に海が

ここのフェアウェイのアンジュレーションは,リンクスコースほどはキツくはありませんでした。当然のようにウォーターハザードはなく,また,ニクラウス設計のようなエグいバンカーリングでもなく,風も穏やか。しかしコースの難易度はしっかりあって,幅広いレベルのゴルファーが目とアタマとで楽しめる,素敵な造りです。

f:id:golf103:20180105211850j:plain
1番パー4

f:id:golf103:20180105211908j:plain
そそられるバンカー

ホールで印象に残っているのが,バックナインのパー3ふたつです。2ホール連続するパー3ですが,趣はまったく異なっているので単調は印象はまったく受けません。

まず最初は,谷越え。距離の短いティーになるほど位置が下がっててグリーンが見えづらくなるので,逆に難しいかもしれません。

f:id:golf103:20180105211930j:plain
バックナインのパー3 ひとつめ

続いてのパー3は,グリーン右手前をバンカーがしっかりガード。こういうホールでしっかりフェードが打てるようになりたいです。

f:id:golf103:20180105211953j:plain
バックナインのパー3 ふたつめ

バックナインの方が海に近いところを通るので,光景の変化が楽しめます。

f:id:golf103:20180105212012j:plain
18番ホールのアプローチショット地点

なんというか,もっとゴルフが上手くなって,こういうところでで「コースとの対話」を楽しめるようになりたいなぁと,これを書きながら思いました。

ってな感じのポルトガルの旅でした。まだまだポルトガルにはラウンドしたいコースがあるので,またチャンスがあれば行ってみたいと思っています!

あと,ポルトガルはシーフードが最高に美味しいです。

26 Dec 2014