Linkslover

1にコースで2に道具,3・4がなくて,5にスコア

ミズノアイアン2015年モデル|JPX-850, JPX-850 Forged, MP-15, MP-H5

f:id:golf103:20180108083009j:plain

こないだ MP-H5 と JPX-850 Forged は打ってみましたが,MyGolfSpy でレビュー記事が掲載されていました。「コンプリート・ガイド」とあるので,自信アリアリですね。

MyGolfSpy "The Complete Guide To 2015 Mizuno Golf"
http://www.mygolfspy.com/mizuno-golf-2015-lineup/

f:id:golf103:20180108083003p:plain

まずこれが,各モデルの比較表。「JPXはアベレージゴルファー向け」というイメージを勝手に持っていましたが,JPX-850 Forged はターゲットのハンディキャップのレンジが6から16ぐらいと,上級者から中級者向けといったところなんですね。この中ではMP-15がもっとも操作性にすぐれ,トップラインもソールも薄いですと。

JPX-850

「Ping Eye 2 のアップデートされた現代版を想像してほしい」と書いてますが,番手間の距離のギャップの整合性はとれているみたい。弱点としては,キャストアイアンであり,「ミズノアイアンならではのフィーリング」に欠けること。

f:id:golf103:20180108082956p:plain

JPX-850 Forged

素材の強度を高めて,ボールの初速を高めました,とのこと。見た目はやっぱりちょっと大きいのと,他の上級者向けアイアンに比べてばボテッとしてる。競合としては AP2s とか Apex Pros あたりか。

f:id:golf103:20180108082940p:plain

MP-H5

なんといっても,1番(ロフト16度)からのセッティング。ハイブリッドよりもアイアンが好きという人にはもってこいでしょう。純正シャフトは KBS C Taper Lite。打感は他のMPとは違う。

f:id:golf103:20180108082934p:plain

MP-15

MP-59の後継。38グラムのスチールを10グラムのチタニウム製で置き換え,あまった29グラムをクラブヘッドに効果的に配置,結果として寛容性を増したとのこと。マッスルバックというよりは,AP2 と同じターゲット向け。

f:id:golf103:20180108082927p:plain