Linkslover

世界中のどんなコースに行っても恥ずかしくない/戦える/コースと対話できる。そんなゴルフをしたい。このブログ記事は,僕の不眠症からできています。

トンデモ

みんなもうちょっとちゃんと仕事しようよ

児山和弘氏の謎めいたアロガンスと,キープレフト理論の迷走する「前後左右」の概念

Twitter上でゴルフライターの児山和弘氏が「分かる人そんなにいないと思うし」と煽っていたので,見てみました。 素晴らしく面白いです。ずっと秘密にしてましたが、我慢できずにシェア。分かる人そんなにいないと思うし。【キープレフト理論 前後左右の概念…

ボールをつかまえるって何ですか|みんなのゴルフダイジェストの怪しい回答

「ボールをつかまえる」ってどういう物理現象なんだろうと思っていたので,みんなのゴルフダイジェストのこの記事タイトルを見たときは「おぉ,タイムリーな!」と思ったんですが,中身はちょっと怪しかった。 上級者はパターでもボールをつかまえる!? そも…

ガレージ

安定感のある,ゴルフエフォート世田谷店です。

和田泰朗『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』日本文芸社

ツイッター上でにわかに賑わっていたので買って読んでみましたが,いやー,大変。 世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論作者: 和田 泰朗出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2019/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ…

「インパクトで左腕はニュートラルな向きに戻ろうとする」んだって。フーン

これが「ニュートラルな向き」のはかり方らしい 最近話題のフックに握ってシャットに上げるスウィングって、どうなの? 人気プロが教える「合うグリップ」の見つけ方【動画あり】 - みんなのゴルフダイジェスト 余計な手の細工を入れず、自然にスウィングし…

平均的なヘッドスピードは

時速40メートル! カタツムリか

オレンジってOlangeらしいですよ

ゴルフパートナーによれば。

1本5円以上のシャフト購入で

ゴルフエフォートブログ » Archive » リシャフトフェア世田谷店編 大陸ヨーロッパか。

直角って100度だったんですか

インターネット上のゴルフ関連記事で多くの誤字・脱字・英語のスペリング間違いを目にしていますが,今回はスルーせずにはいられませんでした。 【練習クラブ】ロフト100度が効く! ハンドファースト インパクトが身につく超ウェッジが登場。ユーチューバーイ…

地面反力(床反力)なんて……|使えると有効

最近流行りの地面反力(床反力)なんて後回しでいいや,と思ってたんですよ。 地面反力(床反力)なんて忘れてしまえ - Linkslover 思ってたんですが,昨日受けたレッスンでそれっぽいことをやって,ちょっと考えを改めた次第。いや,「地面反力とかいう前に…

ゴルフパートナーのサイトでベティナルディを探すときは「ア行」を見よ

なぜなら「R・J ベティナルディ」だから。知らんわ。http://www.golfpartner.jp/shop/usedmbm/#a01

ゴルフ場に求めるサービスとは

ちょい前に三觜喜一さんがFacebookで,「サービスが凄いなと思うゴルフコース」に求める要素をリストアップしていました。 玄関ポーターが大きな声で挨拶をしてくれるキャディバッグを出す時に車を傷つけないよう配慮するフロントの笑顔と対応が良いロッカー…

まさか今の時代に木製シャフトが売られているとは……

Aldila Tour Red 55 Graphite木製シャフトposted with amazlet at 17.11.25Aldila Amazon.co.jpで詳細を見る 高いボールの飛びを促進する新しいAldila Tour Red同等のAdvancedツアーブルーな柔らかいチップ・セクションのパフォーマンスです。Aldila Tour Bl…

PXGとは

ゴルフエフォートブログ » Archive » こちらも話題のクラブです! いやいやいや,Bob Parsons が立ち上げたブランドだからでしょ。だいたい「人=Person」じゃん。

QP氏は本当にドラコン王者ジェイミー・サドロウスキーを知らないのか?

余談。 PGA Merchandise Show に参加されているQP氏のFacebookのページに,キャロウェイのブースで撮った映像とともに, 「有名なドラコン選手だそうです。無知なQPは知りませんでしたが、飛ぶだけでなく、かなりの腕前でした。」 というコメントがつけられ…

雑誌『LEON』2014年5月号にルーク・ドナルドが載っていたのだが

ルーク・ドナルドのファンとして,あるいは元雑誌編集者としては看過しがたい記事があったのですが。 最新号の雑誌『LEON』(2014年5月号)の別冊付録であるゴルフの特集号で,こんな記事が掲載されていたのです。 「なぜ今プロゴルファーもこぞって派手柄を…