Linkslover

世界中のどんなコースに行っても恥ずかしくない/戦える/コースと対話できる。そんなゴルフをしたい。このブログ記事は,僕の不眠症からできています。

ゴルフの技

スイング理論や練習方法など,スイング向上に役立ちそうなネタ。心技体でいえば「技」の話。

バックスイングでのアームリフト|Athletic Motion Golf

4分半のビデオだけど,けっこう示唆的。 www.facebook.com アバターの向きを変えて背中の軸が地面に直交するようにするとよく分かるけど,アドレスからトップまで腕はリフトされてる。その幅,約30インチ。これは右腕を折りたたむだけでは実現できず,バック…

Michael Jacobs『Elements of the Swing: Fundamental Edition』

マイク・ジェイコブズの『Science of the Golf Swing』を買ったはいいが,前著(つまりこの本)を読んでいることが前提っぽい記述があったので,仕方なく読んでみた。 Elements of the Swing: Fundamental Edition (English Edition)作者:Jacobs, Michael発…

ドライバーショットで最も大切なこと|インパクト時のシャフトリーン|Athletic Motion Golf

なかなか中身が詰まってた。Social distancing の影響か,冒頭のふたりの掛け合いは屋外でされてますが……。 www.youtube.com If you can't drive, you can't play. もちろんいろんなことが大事だけど,最大のポイントは「インパクト時にシャフトが地面と垂直…

Alastair Cochran & John Stobbs『Search for the Perfect Swing』

Search for the Perfect Swing: The Proven Scientific Approach to Fundamentally Improving Your Game作者:Cochran, A. J.,Stobbs, John,Golf Society of Great Britain発売日: 1996/03/01メディア: ペーパーバック この本については大庭さんの紹介へのリ…

「持ち球」について|その効果を定量化できるか?

コメントしようかと思ったのですが,面白いテーマなのでこちらで記事にしてみます。なお,データはないので定性的な記述に終始します。 ゴルフの持ち球の嘘 - 札幌と理系とゴルフ むーさんの主張としては,「『持ち球を持ってる方がいい』と一般的に言われて…

ドライバーショット|アドレス時のティルトと始動の正しいのやり方・考え方

昨日のラウンドの記録のときに頭出しだけしてた話*1。僕がゴルフを初めて以来ずっと抱いていた,ドライバーショットに対する違和感と苦手意識をあっという間に取り除いてくれた,コーチの田渕さんのアドバイスです。 動画はこちら。 www.youtube.com 内容を…

寝かすことは立てること|寝かしたあとはどうするの

寝かすことは立てること 昨日の朝,Facebookで見かけて参考になった動画。Athletic Motion Golf によるもので,切り返しでクラブをシャローイングする際のポイントについて。 www.facebook.com この動画の中で,緑色の線はインパクトまでのハンドパス(両手…

「ハンドファースト」で打つと何が嬉しいのか

いまさらすぎるんですけど,昨日コーチとそういう話になって,目から鱗が落ちた。 なんでハンドファーストで打たなきゃいけないのか? 答えは,「クラブヘッドのスイートスポットで(地面の上にあるボールを)打ちたいから」。確かにそうだし,そういうのを…

「アームローテーション」と「ヒップターン」は対立軸なのか

いろんな流派がありまして 前にどこかで頭出しだけした気がするんですが,「アームローテーション(フェースローテーション,フェースターン)」と「ヒップターン(ボディターン)」は対立軸なのか,っていうのを,最近思うんですよ。もっと言えば,こいつら…

連続素振りから考えた|ドリルの効用

最近いちばん面白く見ている動画が,「score personal golf」の新井淳さんです。この人,「えー」とか「あー」とかを一切言わないのがとにかく素晴らしいと思うんですが,たまたま観たこれ。 www.youtube.com この「自分に備わっているリズム」をどうやって…

続「シャローイング」って結局なんだ?

正編*1はまったく反響がありませんでしたが,自分としては思っていたことを書きまとめたので達成感が得られたと同時に,整理された考えの上にさらにまた考えを積み重ねられるようになりました。 その続編。 体の使い方から考えると 前回言ったかったのは,「…

『72ヴィジョンGOLF』シリーズまとめ

「パープレーの夢を叶える」というタグラインのもと,スイングからフィジカルからラウンド技術からと,パープレーに必要であろう要素を体系的に解説しようとした,とても意欲的なシリーズ本。それが,『72ヴィジョンGOLF』(ベースボール・マガジン社)です…

「シャローイング」って結局なんだ?|大人は答えてくれない|現時点での自分の考えのまとめ

プロローグ 「シャローイング」に関する「みんなのゴルフダイジェスト」の記事が*1公開されて,ネット上で話題となるとともに,いろいろな反応を引き起こしています。 上からクラブを入れる癖の人には無理だと思う。しかもシャローイングを身につけたからっ…

トミー・フリートウッドのパッティングの秘密|プレショット・ルーティーンを中心に|Golf Digest

ソース Tommy Fleetwood's secrets to putting - Golf Digest 拙訳 グリーン上での成功は,パターのバックスイングの前に何をするかで決まる。ということで,Gold Digest は僕(フリートウッド)に,プレショット・ルーティーンについて教えてほしいといって…

「基礎」を「スキル」に|ルーク・ドナルドのショートゲーム練習風景

ルーク・ドナルドの練習風景。 Short game practice for ⁦@LukeDonald⁩. Balls scattered - different slopes and lies, play it as it lies. 3 different holes rotating holes and area each shot. This is how you transfer your fundamentals into a ski…

「逆フェースローテーション」がそのうち流行ると思う

今での「フェースローテーション」って要するに「切り返し以降でスイング軌道に対して開いていたクラブフェースがインパクトに向けて閉じていく動き」のことだとすれば,「逆フェースローテーション」はまさにその逆で「切り返し以降で軌道に対して閉じてい…

ブッチがジョージに習ったら|Golf Digest

大御所ブッチ・ハーモンに対して風雲児ジョージ・ガンカスがレッスンをするという,なんとも面白い記事がありました*1。 ガンカスってもともとレスリングやってたので,だから「レッスンもハンズオンでやって,生徒を動かして物理的にポジションを作る」んだ…

タイガー・ウッズに学ぶリカバリーショット

ようやくGOLFTVの「My Game: Tiger Woods」を見始めました。 "My Game: Tiger Woods - Episode 9, My Escapes" これはタイガーがボールを左右にシェイプしたりいろんな状況からのリカバリーショットについて語るエピソード。これを観てると,いろんな状況を…

感覚とかドリルとかハンドファーストとか理論とか

昨日練習しながら思ったことをつらつらと。 右手で片手打ちしていると切り返しでシャフトがシャローになるのに両手で打つとできなくなるのはなんでだろう,とずっと思ってたんですが,それがようやく分かった(気がする)。要は右手がルースだったというか,…

上達するためのシンプルなアドバイス|ショフレとマキロイ

5歳も差があったんだ ソース Rory McIlroy's advice for how amateurs can improve is practical and brilliant by Jessica Marksbury, 31 October 2019 概要 WGC-HSBC Champions の開催中,ザンダー・ショフレがジュニアプレーヤーたちに対して「上手くなり…

児山和弘氏の謎めいたアロガンスと,キープレフト理論の迷走する「前後左右」の概念

Twitter上でゴルフライターの児山和弘氏が「分かる人そんなにいないと思うし」と煽っていたので,見てみました。 素晴らしく面白いです。ずっと秘密にしてましたが、我慢できずにシェア。分かる人そんなにいないと思うし。【キープレフト理論 前後左右の概念…

キープレフト理論に秋波を送るゴルフスイング物理学

「先生」って,政治家かよ,って感じですが…。 インパクトでヘッドに与えるべき向心力の方向は目標に対して約90°-重心角である。だから体の正面でローテではなく左に左に、グリップ、そしてヒールを引いているインパクトが物理的に正しい。賛成します。#キー…

後藤修『奇跡の300ヤード打法 爆飛びゴルフ』小学館文庫

大庭可南太さんのブログで「TGM(注:The Golfing Machine)のスインガーを目指す人に取ってこれ以上実践的な日本語の文献は存在しないと思われます。」と書かれていたので*1買って読んでみたのですが,その意味されるところがまったく分かりませんでした。T…

和田泰朗『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』日本文芸社

ツイッター上でにわかに賑わっていたので買って読んでみましたが,いやー,大変。 世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論作者: 和田 泰朗出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2019/09/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ…

「60点のショット」を定義したい

ここ数週間頭から離れないのは,比留間裕氏が語った スイング理論って何のためにあるかって言ったら,大きなミスをしないため。常に60点以上のショットを打つのがスイング理論の本質。 っていうやつなんですが*1,よく言われるこの「60点以上のショット」っ…

重心角とグリップとの関係|もしかしたら床反力の次に流行るのがこれかも

このブログを読んで,僕の通っているゴルフスクールの体験レッスンを申し込んだ方がいらっしゃったという話をコーチの田渕さんから聞いて,嬉しい限りです。*1 ところで,その田渕さんから面白い話があるよといわれて耳にしたのが,ゴルフクラブの重心角とグ…

「4スタンス理論」に対する比留間裕の見解|スイング理論とは何か

PowerRotationalGolfで「4スタンス理論をどう思うか」という質問が来ていました。比留間裕の回答が面白かったのでまとめます。 www.youtube.com そもそもあまり詳しくない。 傾向ということでまとめられた理論だと思うけど,なんとなく「4つある」ってことで…

ビクトル・ホブランのスイング分析

ビクトル・ホブランの凄さをどう表現したらいいんでしょうね。2019年のマスターズと全米オープンとの両方でローアマチュア。プロ転向後も60台のラウンドを重ね,来季のツアーカードも当然のように獲得。渋野日菜子以上のスマイル。 そんなホブランが自身のIn…

バックスイングでのショルダーとヒップのターン

Golf Digest の記事から 「すべてのプロがやってるひとつの動き。みんなできるけど多くのアマチュアはやってない」というタイトルの記事が Golf Digest であって*1, この写真を見ただけで勘のいい人は分かるというかそもそもこの動きができているだろうと思…

スイングスピードに相関する3つの動作|年代別スイングスピードの分布|GolfWRX

ソース Swing speed: How do you compare? – GolfWRX by Chris Finn, 5 August 2019 概要 元記事の趣旨としては,まず「PGAツアープレーヤーを見てみると,ヘッドスピードと獲得賞金とのあいだには相関がある」ということを言ってて,そのあとで「ヘッドスピ…