GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

MP-64の4番アイアンを取り戻す

ロングアイアンを打つ技術も矜持も失った,もうロングアイアンへの憧れを断ち切ろうと思い,8本セットで持っていたMP-64の3番と4番をkkにあげたのが,2016年の暮れ。

2017クラブセッティング予選 - セッティング

それ以降,MP-H5を使ったり,タイトリストのハイブリッド915Hを使ったり,あるいはVスチールの7番ウッドを使ったり,と迷走してきたそのへんの番手でありました。

が,今年春からのレッスンで技術を取り戻し,前々回のラウンドでは210ydパー3をH5の4番で乗せ,前回のラウンドでは190ydパー3を64の5番で乗せ,「もしかしたらまたMP64のロングアイアン打てるかも,打ちたい,あの打感を味わいたい」という気持ちが(だいぶ前からあったんですが)確たるものとなり,ついにゴルフパートナーで買っちゃいました。単品の4番アイアン。

f:id:golf103:20181119001310j:plain

左はMP-H5の4番。右がMP-64。こうして並べるとやはり64がシュッとして見えるというか,H5がモタっとして見えるというか。

H5で芯を食ったときの「シュパーン」という感覚もなかなか気持ちいいんですが,64のとろける打感は別格です。

ということで,見栄えだけにこだわっているクラブセッティングの課題は,残すところ3番アイアン(狙っているのはタイトリストT-MB)とパター(ANSER MILLED 2で悪くないけどもっとしっくり収まるのがほしい)だけになりました。