GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

TrackManを使った練習でスイングパスを矯正した

ゴルフスクールに行って,久しぶりにTrackManを使った練習をしました。課題は,インサイドから入りすぎる癖の矯正と,適切なアタックアングルの実現です。

6番アイアンで打っていて,最初スイングパスが「15度」とかいう数字が出て,いくらなんでもそれはないだろうと確認したら,機材の位置がずれていたことが判明。それを調整して改めて確認したら,スイングパスが「10度」ぐらい,アタックアングルが「0.5度」ぐらいな数字が出ました。パスはもう少しストレートに近づけたいし,アタックアングルはもう少し欲しい。原因としては体が横回転しちゃってる,ということで,対応としては

  • バックスイングの前半では胸郭を固定して肩だけ縦に動かすイメージ
  • バックスイングの前半は上体まっすぐ,最後に右を向く
  • 切り返しではフェードを打つイメージで,グリップに外側のテンションをかける
  • 左足に乗ってからドスン
  • 右肩を下げて縦の動きでインパクト,そしてフォロースルー

ってな感じで,言葉にすると「なんだそれ」って感じでしょうが,自分の意識としてはこんな感じ。

結果的には,スイングパスが「5度」ぐらい,それに対してフェースが数度かぶるかたちで,理想的な軽いドロー。アタックアングルも「3度」近くになって,満足いく数値となりました。

こういうの,やっぱり楽しいです。