GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア

TrackManはどうやってクラブヘッドスピードを測っているのか // GolfWRX

ちょっと前にタイガー・ウッズのヘッドスピードが129mphで今シーズンPGA最速とかで話題になっていましたが(例えばこれ),これもちょっと関係する話。TrackManがどうやってヘッドスピードを計測しているか,についてのビデオです。

www.youtube.com

要するに,TrackManは動いている物体に超音波か何かを照射して,その跳ね返ってきたものをもとにして,その物体の速度を計算するのだけれど,その物体がゴルフクラブのようにシャフトを軸にローテーションしながら(かつ3次元の軌道で)動いている場合,クラブヘッドのトウ側は実際の動きに加えてローテーションする動きが加わるから,実際の動き以上の速さが算出されることになる,ということですね。(例えて言うなら,台風の進行方向の右側は風速が増す,みたいなことなんだと思いますが)

ということで動画内で言っていますが,スマッシュファクター(いわゆるミート率)はボールスピード÷ヘッドスピードで計算されるけれど,タイガーの129mphの場合は実際の動き以上にヘッドスピードが出ているように計算されるからスマッシュファクターは低めに出る,でもそれは決してタイガーが芯で打っていないということではなくて,TrackManの計測のクセみたいなのが理由だよ,ということです。

この人はめっちゃ長々と書いているけど,要するに「TrackManのセットアップよりタイガーが左を向いて打ったから,それで過剰な数字になったんじゃないの?」と言ってます)

余談

そういえば,以前,PRGAのサイエンスフィットで計測したときも似たようなことを言われて,ただそのとき言われたのは,「サイエンスフィットでのクラブヘッドスピードの計測は,ヘッドに目印のテーブを貼っておいて,そのテーブがある2点間を通過する時間をもとにクラブヘッドスピードを割り出す」と。なのでクラブヘッドの軌道がインサウンドアウト(あるいはアウトサイドイン)が強かったりアッパー気味だったりすると,その分同じスピードでクラブヘッドが動いていてもその2点を通過する時間はよりかかるから,ヘッドスピードは遅めに出る,ということでした。