GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア

本 // 『脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!』

ゴルフのために読んだわけじゃないんですが,ひとつだけゴルフに直接的につながるかな,と思うものがありまして。 「インターリーブ」という練習テクニックです。

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

 

Q 習得したい技術があるときは,身体が覚えるまでその技術だけを繰り返し練習したほうがいいのか,それとも,さまざまなことを交えて練習したほうがいいのか?

A 一度の練習時間に一つの技術や知識(楽器のスケール,バスケットボールのフリースロー,二次方程式の解の公式)だけに集中すれば,すぐさま目に見える形で上達する。しかし,それを長く続けていると,成長に限界が生まれてしまう。一方,一度の練習時間に複数のことを混ぜる「インターリーブ」というテクニックを活用すると,練習したすべての技術のコツをつかむ腕が磨かれる。

ということで,ドライビングレンジで,スクールで,同じクラブで同じショットばっかり繰り返し繰り返し練習している人は,考えを改めたほうが良さそうですよ。

関連記事

楽器の練習方法に学ぶ,効果的な練習・非効果的な練習 - 脳科学者の知見をまじえて // Golf Digest - GOLF 103

本 // Mark McClusky "Faster, Higher, Stronger: How Sports Science Is Creating a New Generation of Superathletes--and What We Can Learn from Them" // スポーツサイエンスはいかにスポーツの進化に貢献しているか。そしてタイトリスト Pro V1 の話も - GOLF 103