GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア

ここまでのゴルフコース馬鹿になってみたいものですね

こういう記事を読むと,「すごいなぁ」と思うと同時に,「自分のゴルフコース好きなんて全然大したことない」と思いますね。

スコットランドの全コースを制覇

f:id:golf103:20180211120138p:plain

Scottish Golf | Avid Golfer ‘Bags’ Every Course in Scotland

66歳の Alan McPhersonが,6年をかけてスコットランドの全コースを制覇。587の公式なクラブだけでなく,パー3コース,ピッチ&パットコース,そしてプライベートなコースまでも踏破したとのこと。

その中でお気に入りは「St Andrews Old Course,Trurnberry Ailsa,Kingsbarns」の3つらしいのですが,同時に「West Highlands の Traigh や,今は誰も住んでいない島にある Stroma といったコースも印象深かった」とのこと。

その Alan さんのブログはこちらです。

Scottish golf courses - all of them

一方アメリカでは

f:id:golf103:20180211120212j:plain

さすがに「アメリカの全コース」とはいかないものの,アメリカにあるドナルド・ロス設計の全359コースを踏破した人の話。

Some guy played all 359 Donald Ross courses in the U.S. – GolfWRX

達成したのは,ゴールドマン・サックスの元エグゼクティブ,Brad Becken。達成するのに8年かかったそうです。ロスにコースについては,こう語っています。

“I’m not that good of a golfer, but it doesn’t matter on a Ross course. There’s always a way for higher handicappers to play it. It’s brilliant how playable they are for so many different golfers.”

自分はそんなに上手くはないけれど,ロスのコースではそれは関係ない。ハイ・ハンディキャッパーにもプレーのしようがある。ゴルファーのタイプにあわせていくつもコースの顔がある,それが素晴らしい。

感想

僕がどっちの真似をしたいかといえば,そりゃ「スコットランド全コース制覇」なんですが,とはいえ,ひとりの設計家に絞ってそれを踏破するというのも面白い試みですね。前に「残りの生涯,ひとりの設計家のコースしかプレーできないとしたら // Golf Channel - GOLF 103」って話がありましたが,僕ならハリー・コルトの全コースをラウンドしてみたいな……。