Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

スコッティ・キャメロン Studio Style Newport 2 に,島田の重めのシャフトを指してみました

もう本命はスコッティ・キャメロンのNewport 2って決まってるんですが,新品をカスタムで注文する前に,古いので長さとかライ角とかシャフトとかグリップとかいろいろ試してみようと思いまして。手に入れたのがスコッティ・キャメロン Studio Style Newport 2。

f:id:golf103:20180110224947j:plain

それに,憧れの島田ゴルフ製作所の140グラム台のシャフトを挿しまして,仕上がりはリシャフト前より20グラム重い,520グラムほどとなりました。グリップはSuperStrokeのPistol GT Tour。

f:id:golf103:20180110224940j:plain

で,家の中で球を打ってみたところ,いろいろと当てずっぽうでやってみた割にはいい感じ。

でももしかしたら,長さあ32インチぐらいでもいいのかもしれない。身長が高くない上に,割りとかがんで打つのが好きなので……。まぁ,しばらくはこれでいきます。

そういえば余談ですが,この Studio Style Newport 2 について調べていたら,「PGA Value Gide」なるサイトに出くわしました。これ,中古クラブのトランザクションの場を,PGAがオンラインで提供しているってことなんですかねぇ。

https://valueguide.pga.com/library/235/putter/titleist/cameron-studio-style-newport-2/