Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

久しぶりに,自分のクラブについてまとめ

2年3ヶ月のロンドン生活を終えて日本に戻ってまいりまして,そしたら自然に興味の対象がクラブとスコアに向いてきました。ただでさえ高くて時間がかかる日本のゴルフ,それに加えて私生活での変化もあり,ラウンドすること自体が難しい状況でもあるんですが,そんなときだからこそクラブ購入とリシャフトにお金を使ってしまうのは,悲しい性と言えるでしょう。

ドライバー

ロンドン滞在中に惰性で使っていた Inpres X とようやくお別れし,Great Big Bertha を買いました。そうですよ,松山がWGCで勝ったときのやつです。さっそくALDILAツアーブルーをさしました。M2にも当然興味があったんですが,あのオープンフェイスが自分に合っているとはどうしても思えず。

5W

ロンドンで買ったM2なんですが,VスチールのALDILAツアーブルーを抜いて,それをさしました。

ハイブリッド

ロンドンで買ったタイトリスト915の3番と4番,ずっとお世話になっております。(シャフトはALDILA Rogue)

ロングアイアン

上記の915を使っていたこともあって3番と4番アイアンは使うことがなかったのですが,ちょっと色気を出して新調してみます。MP-H5。シャフトはDG AMT S200。日本でH5をオーダーすると4番からでしかも22度というストロングロフトになってしまうので,fairwaygolfusaでオーダー。それにカスタムでAMTというわけです。(いや,日本のカスタムでもロフトを立てて4番で21度にして,ライと長さも変えて3番アイアン風にできるんですが,そうするとスイングウェイトがD5になるという)

MIZUNO(ミズノ) MP-H5 アイアン 6本組 5KJSS64606  S2

MIZUNO(ミズノ) MP-H5 アイアン 6本組 5KJSS64606 S2

ミドル・ショートアイアン

MP64から変わらないのですが,3年ほど使っていたDG CPTに変えて,DG AMTをさすことにします(フレックスはS200)。CPTと比べると,7番の重さは変わらず,前後で1番手ごとに3グラムずつシャフト重量が増減するはず。どんな感じになることやら(ワクワク

ウェッジ

不動のVokey SM4。52度と56度。SM6にも興味がありながら,まぁいっか,と。

パター

PING Anser 5 と PING Ketch(初代)の2本持ちですが,最近はめっきり Anser 5 を使うことが多いです。もはや決定的に新しいクラブを買うとしたらこのパターのエリアしか残っていない感じがしていますが,それをしたところで何ストローク縮まるんだという問題が。

練習器具

練習しない,ラウンドもしない,だと当然ながら下手になる一方なので,こんなものを買って家で素振りしています。飛距離が伸びそうな予感しかしていません。

elitegrips(エリートグリップ) 1SPEED  ホワイト 30.25inch 約435g

elitegrips(エリートグリップ) 1SPEED ホワイト 30.25inch 約435g