Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

イギリスゴルフ #114|南西イングランド遠征|Trevose Golf & Country Club - Championship Course|冬に行くところではなかった

南西イングランド遠征3日目。B&Bを6時ぐらいにあとにして,まず朝イチでラウンドしたのは,Trevoseのメインコース(Championshipコース)です。Trevose Golf & Country Clubは,ゴルフコースの他にテニスコートなども併設された,リゾート施設。ゴルフコースはメインであるChampionshipの他に,HeadlandコースおよびShortコースというふたつの9ホールコースがあります。

Trevose Golf & Country Club - Beautiful golf courses and much more on the north Cornish coast

f:id:golf103:20171229100610j:plain

これが全体のコースマップ。広大な敷地の大部分をメインコースが使い,周辺にHeadland,一角にちっちゃくShortコースが配置されていることがわかります。

メインコースは1925年に開設。設計はハリー・コルトということで,いわゆる「リゾートコース」ではない,骨のあるコースが期待されます。このリンク先の写真,僕が体験したコースとはぜんぜん違ってとてもいい雰囲気なんですが……(そもそもCornwallは冬に行く場所ではないということですが)。

f:id:golf103:20171229100622j:plain

まだ暗いうちに到着し,第1組でのスタートを狙います。

f:id:golf103:20171229100636j:plain

1番ホール,打ち下ろしのパー4。これはなかなか気持ちのいい光景した。

f:id:golf103:20171229100647j:plain

2番パー4。打ち下ろしてから,軽く打ち上げていく。なんとなく,ハリー・コルトっぽさを感じます。

f:id:golf103:20171229100657j:plain

3番パー3。グリーン右手前のスロープにある3つのバンカーは,むしろ救済でしょうか。

f:id:golf103:20171229100708j:plain

4番,左ドッグレッグのパー5。この日は冬ならではのテンポラリーグリーンでした。その奥に,荒れ狂う冬の海。

f:id:golf103:20171229100719j:plain

すぐに海を背にして5番から7番をプレーし,その途中で迷ったりしながらも,8番パー3に到着。距離は長めです。

f:id:golf103:20171229100730j:plain

10番パー4。長いです。フェアウェイをクリークが横切ります。

この先しばらくは,雨が強くなり,コースも変化が乏しくなり,意識が朦朧としてきます。

f:id:golf103:20171229100739j:plain

17番パー4。あとは遠くに見えるクラブハウスに向かって進むだけです。

f:id:golf103:20171229100747j:plain

18番パー4,グリーン左から。ここだけ思い出したように,ソッドウォールバンカーがあります。

こんな天気じゃなかったら,もっと楽しめたんでしょうけどね。ここは他のコースとは逆で,クラブハウスに近いホールほど印象が強く,遠くに行くほどプレーンに感じました。

でも,ロンドンの同僚に聞けば,「Trevoseは好き,夏に(家族と一緒に)行くのが楽しみ」って言うヤツもいるんです。ということで,ここは冬に来るべき場所ではなかった,としておきます。

ラウンドを終えたあとは,すぐにクルマに乗って北上,North Devonのコースを目指します。

23 Feb 2016