Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

イギリスゴルフ #104|北アイルランド遠征|Royal Portrush Golf Club - Valley Course|Rathmore Golf Clubのホームコースでもある

Royal Portrush Golf Clubのすぐ隣にRathmore Golf Clubというのがあって,ここはクラブハウスもあるし,実際にGマックのホームクラブでもあるのですが,このクラブのホームコースは,隣のRoyal Portrush Golf ClubのサブコースであるValley Courseなんですよ。日本だと「☓☓ゴルフクラブ」がすなわち「☓☓ゴルフコース」を意味しますが,Rathmore Golf Clubの場合は純粋にメンバーの集合体という意味でのクラブであって,コースは隣りのを間借りしているというのがなんとも面白いなぁと思いました。

f:id:golf103:20171229125931j:plain

これがRathmoreのクラブハウス。場末のバーな雰囲気です。

f:id:golf103:20171229125945j:plain

オラがクラブのヒーロー,Gマックさんです。

f:id:golf103:20171229125956j:plain

一方こちらは,Royal Portrush Golf Clubのクラブハウス。ダレン・クラークのホームクラブでしたっけ。

f:id:golf103:20171229130014j:plain

さてValleyコース。やっぱりメインコースに比べると子供たちの姿が目につきました。これは1番パー4。これだけ見るといかにもサブコースという感じがありますし,実際に途中のルーティングは行って来いの繰り返しで飽きるところもあるのですが,たまに面白いホールがあるのも事実です。

f:id:golf103:20171229130024j:plain

3番パー3は打ち下ろし。こういうときにパンチショットを打つのが好きになりました。

f:id:golf103:20171229130044j:plain

4番,ストレートなパー5。ティーショットのランディングエリアがダウンスロープになっているので,そこを越えられればふたつでグリーンを捉えられるチャンスです。

5番ホールと6番ホールは,メインコースの2019年全英オープン開催に向けた改装中でした。7番から行ったり来たりのルーティングが続きます。

f:id:golf103:20171229130102j:plain

11番パー3。ちょっと変化がでてきます。

f:id:golf103:20171229130150j:plain

15番パー3。写真を見返して面白いと感じるのは,パー3のホールなんですよね。

f:id:golf103:20171229130200j:plain

最後18番もパー3です。実は最後の数ホールは雨が強くなってきたので,球を打たずにただ歩いて写真を撮っていました。

という感じで,茫漠とした印象だけが残っていますが,天気がいい日にラウンドしてたら,少しは印象が変わっていたでしょうか。あと,Royal Portrushでは2019年全英オープンに向けたいくつかの改装が進行中でした。ので,かつてのメインコースの17番と18番ホールは,今はValley Courseの一部となっているはずです。

24 Jan 2016