GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア。とうそぶいていたものの,レッスンうけてスイングが良くなったらスコアへの欲が復活しました。

ライダーカップの10大コンビ // GiveMeSport.com

今年はライダーカップの開催年! スコットランド,グレイイーグルでの開催に先駆けて,歴代のコンビTop10を考えよう,という記事です。リンク先には動画もあります。

GiveMeSport: Top 10: Ryder Cup partnerships br/> http://www.givemesport.com/441667-top-10-ryder-cup-partnerships

10. グレアム・マクドウェルとロリー・マキロイ。ともに北アイルランド出身のこのふたりのコンビは,過去10年間,世界のゴルフシーンで多大な成功を収めてきた。2勝3敗1分というライダーカップでの成績は目を見張るものではないが,チームメイトを鼓舞する彼らの情熱と能力は,彼らを有力な候補とするだろう。

9. Peter Oosterhuis とニック・ファルド。イングランドのコンビは1977年にペアを組み,2勝をあげた。その中には,ジャック・ニクラウスとレイ・フロイドに勝ったフォーボールを含む。

8. フィル・ミケルソンとキーガン・ブラッドリー。2012年のライダーカップ(メダイナ,シカゴ)において,このアメリカチームのコンビは,観客からの声援を受け,素晴らしいパフォーマンスをした。1日の中で,ルーク・ドナルドとセルジオ・ガルシアのコンビをやぶり,そしてマクドウェルとマキロイのコンビをやぶったのは,8位の座にふさわしい活躍だろう。

7. ニック・ファルドとイアン・ウーズナム。このふたりは,1987年のライダーカップで,強いプレシャーがかかる中,出場4マッチで3.5ポイントを獲得した。アメリカ・オハイオ州のミュアフィールドビレッヂで開催された1987年のライダーカップは,それまでの60年の歴史の中でアメリカチームが初めて自国開催大会で敗北した。ヨーロッパチームの歴史的な勝利に,このイギリス人コンビ(ファルドはイングランド,ウーズナムはウェールズ出身)は貢献した。

6. ダレン・クラークとリー・ウェストウッドのふたりは,コンビを組んだときは,その魂をヨーロッパチームに捧げ,大会を盛り上げた。ライダーカップでは6勝し,わずか2敗。タイガー・ウッズに対しては3勝負けなしの成績を残している。

5. ルーク・ドナルドとセルジオ・ガルシアのコンビは,ライダーカップの歴史の中で間違いなく抜きん出たペアリングだろう。2004年と2006年大会では,コンビを組んだすべてのフォーサムの試合で勝利をおさめた。ガルシアのロングゲームとドナルドのショートゲームの組み合わせをやぶるのは,ほぼ不可能だろう。

4. アーノルド・パーマーとガードナー・ディッキンソン。このアメリカ人コンビは,ライダーカップでともにプレーした5マッチをすべて勝利した。また,23.5ポイント対8.5ポイントという大差でアメリカチームが勝利した1967年大会(チャンピオンズゴルフクラブ,ヒューストン)でも活躍した。

3. コリン・モンゴメリーとベルンハルト・ランガー。このペアは1997年大会(ヴァルデラマゴルフクラブ,スペイン)で初めて敗北を記録したものの,それ以降は負けなしで,6試合で5勝1分という成績だった。

  1. ジャック・ニクラウスとトム・ワトソン。ふたりのゴルフの巨星がペアを組んだとき,その成功は期待されるものというよりは,当然のものと思われるだろう。実際,ニクラウスとワトソンが組んだときも,それが証明された。4マッチを全勝した上,16番ホールまでには決着をつけていた。

1. セベ・バレステロスとホセ・マリア・オラサバル。このスペイン人コンビは世界中のゴルフファンから一目置かれ,アメリカで開催されたライダーカップでヨーロッパチームが初めて勝利をおさめた1987年大会からともに戦い始めた。11勝2敗2分という成績は驚くべきものであり,レジェンドとしてライダーカップの歴史に名を残している。