GOLF103

1にコースで2に道具,3・4が理屈で,5にスコア

ダイナミックロフトと入射角と打ち出し角 // GolfWRX

スイングの計測器では,最初の頃はヘッドスピード(club speed),ボール初速(ball speed),打ち出し角(launch angle),スピン量(spin rate),キャリー飛距離(carry distance),ミート率(smash factor)だけがモニターできたけれど,この記事では,ボールの打ち出し角に影響を与えるふたつの要素,すなわちダイナイトロフト(dynamic loft)と入射角(angle of attack)について説明します,ということです。

f:id:golf103:20180115152016p:plain

GolfWRX: Dynamic loft, angle of attack and your launch angle
http://www.golfwrx.com/201777/dynamic-loft-angle-of-attack-and-your-launch-angle/

拙訳

友人であるツアープレーヤーのドライバーショットを分析するとき,古い計測器ではこんな表示がされていた,というのを最初にお見せしたい。

  • Club Speed: 110 mph
  • Ball Speed: 162.4 mph
  • Smash Factor: 1.48
  • Spin Rate: 2629 rpm
  • Launch Angle: 11.9 degrees
  • Carry: 268 yards
この情報にしたがうなら,私がこのプレーヤーに提供できる情報といえば,打ち出し角をちょっと上げる必要があるね,ということだけだった。数年後に Trackman や FlightScope といった計測器が使えるようになるまで,なぜ打ち出し角がこんなに低いのかを知る手立てがなかった。だが,これらの新しい計測器は,その謎を解き明かすふたつの鍵を与えてくれた。それが,ダイナミックロフトと入射角だ。

打ち出し角が低いと知って以来,なぜそうなのかは謎であったが,Trackman が与えてくれる情報によって,私たちは今や打ち出し角がふたつの要素に分解できることを知ったのだ。

  • 入射角(Angle of Attack):インパクト時にクラブが垂直方向に移動する角度
  • ダイナミックロフト(Dynamic Loft):インパクト時のロフト角

このショットでの数値は以下のとおりだった:

  • 打ち出し角:11.9度
  • ダイナミックロフト:13.5度
  • 入射角:2.8度
これらの数値から,このショットではダイナミックロフトが少しだけ小さいことが理解でき,弾道の調整も容易になってくる。あなたがフィッティングに行って,打ち出し角が高いとか低いとか言われたときには,ダイナミックロフトと入射角のことを思い出したら,より理解が深まるだろう。