Linkslover

旧:GOLF103。道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。イギリス在住中の2年間に名コースを巡ったのは遠い思い出(世界TOP100コースのうち20以上でラウンドしました)。

ゴルフの分析

コース戦略とか道具とかハンデキャップシステムとか,ゴルフのあらゆる側面に関する分析的な記事。

全米オープン2019を振り返る|15th Club

10 Notes to Know: U.S. Open, Final Round - 15th Club ゲーリー・ウッドランドが最終日「69」。3打差で優勝して自身メジャー初勝利。それまでウッドランドは,最終日を首位または首位タイで迎えた7大会で,勝利がなかった。72ホール目でバーディーをとった…

全米オープン2019プレビュー|15th Club

Perfect Venue, Perfect Storm: The 2019 U.S. Open - 15th Club 拙訳 フィル・ミケルソンは,49歳の誕生日を目前にして,キャリアグランドスラムを達成をめざす。 ダスティン・ジョンソンは,かつて優勝を逃した舞台でのリベンジを誓う。 タイガー・ウッズ…

タイガーはいかにして2000年の全米オープンで15打差で勝利したか|15th Club

今週はいよいよ「ペブルビーチでの全米オープン」ですね。ということで,2000年の全米オープン@ペブルビーチでのタイガー・ウッズの圧倒的なパフォーマンスを分析する記事を「15th Club」が掲載しました。 How Tiger Won the U.S. Open by 15 Shots - 15th …

PGA2019 最終日を振り返る|15th Club

Ten Notes to Know: PGA Championship, Final Round - 15th Club 日曜日のブルックス・ケプカはバックナインで「39」を叩いたが,ダスティン・ジョンソンに2打差をつけて優勝。4オーバーというスコアは,メジャー優勝者の最終日としては2004年に Whistling S…

PGA2019 3日目を振り返る|15th Club

10 Notes to know: PGA Championsip, Round Three - 15th Club 3日目を終えてブルックス・ケプカが2位に7打差をつけてトップ。PGA史上,54ホールを終えての最大の打差。1900年以降,全メジャー大会で最終日を7打差以上で迎えるのは10人目。すべて優勝で終え…

PGA2019 2日目を振り返る|15th Club

10 Notes to know: PGA Championship, Round 2 - 15th Club ブルックス・ケプカはゴルフの記録を更新しつづけている。36ホール終了時点でのトータルスコア「129」は,男子のメジャー史上で最少。「12アンダー」もPGA史上最少。Strokes gained tee to green …

PGA2019 初日を振り返る|15th Club

10 Notes to Know: PGA Championship, Round 1 - 15th Club ブルックス・ケプカのメジャーでの躍進が止まらない。初日のスコアは「63」。ケプカがPGAで「63」を記録したのは,昨年の2日目に続いて2回目。メジャーで「63」を2度記録したのはケプカが3人目だが…

PGA Championship 2019 プレビュー|15th Club

あいかわらず面白いスタッツをいろいろと紹介してくれている「15th Club」です。タイガーとケプカとのつばぜり合いになりそうな気もするし,ダークホースが現れそうな気もするし,ミケルソンが暗躍するかもしれないし。週末が楽しみですね。 Previewing the …

ブルックス・ケプカはあなたが思っているより遥かにすごい|15th Club

今週は PGA Championship ですね。そのディフェンディング・チャンピオンであるブルックス・ケプカに関する記事を,15th Club が書いていました。 Brooks Koepka is even better than you think - 15th Club 拙訳 2018年,ブルックス・ケプカは同一シーズン…

Zurich Classic で相乗効果が期待できるのはどのペアか?|15th Club

個人的にはもちろんフリートウッド&ガルシア組に注目してるんですが,どうなりますかね。「ケプカ兄弟に注目」って言ってたのはどこの記事だったかな*1。 Seeking Success in New Orleans: Using Ryder Cup Formula to Predict Best Pairings - 15th Club Z…

各番手の平均飛距離|PGAとLPGAツアープレーヤーの場合

という記事が GOLF Magazine にありました。 This is how far PGA and LPGA Tour players hit it with every club PGAもLPGAも,各番手の弾道の高さがほぼ揃っていますが,ドライバーがPWよりも高いですね。 あと,よく「ドライバーの飛距離は9番アイアンの…

RBC Heritage の週を振り返る|15th Club

Ten notes to know: 22nd April, 2019 - 15th Club 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは RBC Heritage 最終日を2位に1打差のトップで迎え,しかし日曜日のスコアは「77」,28位タイに終わった。DJが最終日をトップ(タイ含む)で迎えながら「77」以…

99.9%のケースでピンは抜いたほうがいい|Golf Digest

という研究結果が Golf Digest 誌に載っていました。カリフォルニア工科大学(Cal Poly)における機械工学教授 Tom Mase によるものだそう。 Flagstick Out!: The science behind why the flagstick should be pulled 99.9 percent of the time - Golf Digest…

マスターズ最終日にタイガーが打った番手|1997年と2019年

いわゆるアプローチショット(グリーンを狙ったショット)で使った番手。タイガー・ウッズがマスターズ初優勝した1997年と,先週の日曜日との違いです。1997年当時はコース全長6,925ヤード。それが現在は7,475ヤードとなりました。 5番パー4が伸びたのが今回…

マスターズ2019 最終日を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: FINAL ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club タイガー・ウッズは3,955日ぶりにメジャーを制覇。5度目のグリーンジャケット獲得で,ジャック・ニクラウスの6回に次ぐマスターズでの優勝回数となった。タイガーは43歳3ヶ月16…

マスターズ2019 3日目を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: 3rd ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club フランチェスコ・モリナーリは,2ラウンド連続でボギーなしのラウンド。ホールでいえば43ホール連続で,ボギー以上がない。過去15年のマスターズでは,これが最長記録。モリナーリ…

マスターズ2019 2日目を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: 2ND ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club 36ホールを終えて5人が首位タイ。これは大会史上最多。そして22人が首位から4打差以内にいる,これは大会史上2番目。最も多かったのは2012年(23人)。 フランチェスコ・モリナー…

マスターズ2019 初日を振り返る|15th Club

Ten Notes to Know: 1st Round of the 2019 Masters Tournament - 15th Club ブルックス・ケプカのメジャーでの活躍は続く。木曜日はオーガスタで「66」。2017年からの通算で,ケプカはスコア(40アンダーパー),バーディー・イーグル数(140),首位のラウ…

オーガスタのグリーンは本当に難しいのか|Mark Broadie の分析

Mark Broadie*1 がツイッター上でなんかアンケートとってるなと思ったら,案の定こんな記事にまとめてきました。 Mark Broadie: Are Augusta National's greens really that hard? - Golf マスターズが近づいたので,オーガスタと他のPGAがツアー大会の開催…

マスターズで勝つ可能性のある22人|2019年版

毎年恒例,WRXのマスターズ優勝予想。分析手法も変わりません。今年は「22人」です。 The 22 players who can win the Masters – GolfWRX アマチュアと初出場のプレーヤーを除外 初出場者がマスターズで勝ったのは Fuzzy Zoeller(1979年)が最後である。 Al…

WGC-Dell Technologies Match Play の週を振り返る|15th Club

Ten notes to know: April 1st - 15th Club WGC-Dell Technologies Match Play では,昨年ババ・ワトソンに決勝で敗れたケビン・キズナーが,マット・ウォーレスを下して優勝。アメリカ人同士での決勝は大会史上9回目だった。前年準優勝のあと優勝したのは,…

WGC-Dell Technologies Match Play 2019 プレビュー

今週は WGC-Dell Technologies Match Play ですね。過去にはこんなこともありましたが,これが同大会の最大スコア差での勝利だったそうです。 Reminder: DO NOT talk trash to Tiger prior to Match Play... pic.twitter.com/i9q2zCrD6u— GOLF.com (@GOLF_c…

Valspar Championship の週を振り返る|15th Club

毎週恒例になりつつあります……分析屋「15th Club」の記事です。 Ten Notes to know: March 25th - 15th Club Valspar Championship でポール・ケイシーが大会2連覇,これは大会史上初めて。ヨーロピアンプレーヤーがPGAツアーイベントで同一大会2連覇したの…

THE PLAYERS を振り返る|15th Club

分析屋の「15th Club」です。大会開催前にも似たようなのがありました(THE PLAYERS に関するいくつかのデータ|モリナーリの2週連続優勝はなるか? - GOLF103) Ten notes to know: March 18th - 15th Club ロリー・マキロイはPGAのツアー15勝目。1934年の…

PGAツアーのスケジュール変更でメジャー連勝者が増えるだろう

ということを,Golf Digest 誌の記事が言っています。ここで「連勝」というのは「同一大会で2年連続」ではなく「1年の中で連続する大会」のこと。 The PGA Tour's new schedule will result in more back-to-back major winners - Golf Digest ようするに,T…

THE PLAYERS プレビュー|モリナーリの2週連続優勝はなるか?|15th Club

前の記事(API と THE PLAYERS で注目すべき10のスタッツ - GOLF103)でもちょこっと出ていたんですが,分析屋の「15th Club」が,今週開催の THE PLAYERS Championship について面白いデータを紹介していました。 March vs. May: The Players Comes Home on…

ツアーでもっともアグレッシブなプレーヤーは誰か?|「AI」という指標

結論からいえば,もっともアグレッシブなのはジェイソン・デイ,もっともコンサバティブなのはジョンソン・ワグナーということなのですが,これは「Aggresion Index (AI)」という指標に基づいた結果です。これを考案したのは,Mark Broadie。「Strokes Gaine…

API の週を振り返る|15th Club

という記事を,分析屋の 15th Club がまとめていました。 Ten Notes to Know: March 11, 2019 - 15th Club フランチェスコ・モリナーリは API の最終日を17位タイの位置からスタートして,最終的に優勝。これは1982年のトム・カイト(9位タイからの逆転勝利…

フランチェスコ・モリナーリの飛距離アップの秘訣とその効果

全英で勝って,ライダーカップで5戦全勝して。ある意味,フランチェスコ・モリナーリ以上の2018年を過ごしたゴルファーはいないんじゃないかと思いますが,その成功の裏には,飛距離の向上がありました。その秘訣と効果をまとめます。 効果 How 20 yards hel…

マキロイのドライバー,タイガーのアイアン,フィルのショートゲーム,スピースのパッティング|欲しいのはどれ

デシャンボーの真似に続いて,もうひとつ,ペパレルさんのツイートから。 「俺のアイアンショットが最高にキレてた2017年はゴルフがすげー簡単に感じてた。同意。パッティングが最高だからっていい結果になるとは限らないよな。」 From personal experience,…