GOLF103

道具とかスイング理論とかコース設計とか海外ツアーとか,ゴルフのいろんな側面に興味があるんですが,結局は「自分のスコアがどうしたら縮まるのか」という観点から眺めています。英語で面白い記事を見つけたら適当に訳しています。

ゴルフの分析

コース戦略とか道具とかハンデキャップシステムとか,ゴルフのあらゆる側面に関する分析的な記事。

RBC Heritage の週を振り返る|15th Club

Ten notes to know: 22nd April, 2019 - 15th Club 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは RBC Heritage 最終日を2位に1打差のトップで迎え,しかし日曜日のスコアは「77」,28位タイに終わった。DJが最終日をトップ(タイ含む)で迎えながら「77」以…

99.9%のケースでピンは抜いたほうがいい|Golf Digest

という研究結果が Golf Digest 誌に載っていました。カリフォルニア工科大学(Cal Poly)における機械工学教授 Tom Mase によるものだそう。 Flagstick Out!: The science behind why the flagstick should be pulled 99.9 percent of the time - Golf Digest…

マスターズ最終日にタイガーが打った番手|1997年と2019年

いわゆるアプローチショット(グリーンを狙ったショット)で使った番手。タイガー・ウッズがマスターズ初優勝した1997年と,先週の日曜日との違いです。1997年当時はコース全長6,925ヤード。それが現在は7,475ヤードとなりました。 5番パー4が伸びたのが今回…

マスターズ2019 最終日を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: FINAL ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club タイガー・ウッズは3,955日ぶりにメジャーを制覇。5度目のグリーンジャケット獲得で,ジャック・ニクラウスの6回に次ぐマスターズでの優勝回数となった。タイガーは43歳3ヶ月16…

マスターズ2019 3日目を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: 3rd ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club フランチェスコ・モリナーリは,2ラウンド連続でボギーなしのラウンド。ホールでいえば43ホール連続で,ボギー以上がない。過去15年のマスターズでは,これが最長記録。モリナーリ…

マスターズ2019 2日目を振り返る|15th Club

TEN NOTES TO KNOW: 2ND ROUND OF THE 2019 MASTERS TOURNAMENT - 15th Club 36ホールを終えて5人が首位タイ。これは大会史上最多。そして22人が首位から4打差以内にいる,これは大会史上2番目。最も多かったのは2012年(23人)。 フランチェスコ・モリナー…

マスターズ2019 初日を振り返る|15th Club

Ten Notes to Know: 1st Round of the 2019 Masters Tournament - 15th Club ブルックス・ケプカのメジャーでの活躍は続く。木曜日はオーガスタで「66」。2017年からの通算で,ケプカはスコア(40アンダーパー),バーディー・イーグル数(140),首位のラウ…

オーガスタのグリーンは本当に難しいのか|Mark Broadie の分析

Mark Broadie*1 がツイッター上でなんかアンケートとってるなと思ったら,案の定こんな記事にまとめてきました。 Mark Broadie: Are Augusta National's greens really that hard? - Golf マスターズが近づいたので,オーガスタと他のPGAがツアー大会の開催…

マスターズで勝つ可能性のある22人|2019年版

毎年恒例,WRXのマスターズ優勝予想。分析手法も変わりません。今年は「22人」です。 The 22 players who can win the Masters – GolfWRX アマチュアと初出場のプレーヤーを除外 初出場者がマスターズで勝ったのは Fuzzy Zoeller(1979年)が最後である。 Al…

WGC-Dell Technologies Match Play の週を振り返る|15th Club

Ten notes to know: April 1st - 15th Club WGC-Dell Technologies Match Play では,昨年ババ・ワトソンに決勝で敗れたケビン・キズナーが,マット・ウォーレスを下して優勝。アメリカ人同士での決勝は大会史上9回目だった。前年準優勝のあと優勝したのは,…

WGC-Dell Technologies Match Play 2019 プレビュー

今週は WGC-Dell Technologies Match Play ですね。過去にはこんなこともありましたが,これが同大会の最大スコア差での勝利だったそうです。 Reminder: DO NOT talk trash to Tiger prior to Match Play... pic.twitter.com/i9q2zCrD6u— GOLF.com (@GOLF_c…

Valspar Championship の週を振り返る|15th Club

毎週恒例になりつつあります……分析屋「15th Club」の記事です。 Ten Notes to know: March 25th - 15th Club Valspar Championship でポール・ケイシーが大会2連覇,これは大会史上初めて。ヨーロピアンプレーヤーがPGAツアーイベントで同一大会2連覇したの…

THE PLAYERS を振り返る|15th Club

分析屋の「15th Club」です。大会開催前にも似たようなのがありました(THE PLAYERS に関するいくつかのデータ|モリナーリの2週連続優勝はなるか? - GOLF103) Ten notes to know: March 18th - 15th Club ロリー・マキロイはPGAのツアー15勝目。1934年の…

PGAツアーのスケジュール変更でメジャー連勝者が増えるだろう

ということを,Golf Digest 誌の記事が言っています。ここで「連勝」というのは「同一大会で2年連続」ではなく「1年の中で連続する大会」のこと。 The PGA Tour's new schedule will result in more back-to-back major winners - Golf Digest ようするに,T…

THE PLAYERS プレビュー|モリナーリの2週連続優勝はなるか?|15th Club

前の記事(API と THE PLAYERS で注目すべき10のスタッツ - GOLF103)でもちょこっと出ていたんですが,分析屋の「15th Club」が,今週開催の THE PLAYERS Championship について面白いデータを紹介していました。 March vs. May: The Players Comes Home on…

ツアーでもっともアグレッシブなプレーヤーは誰か?|「AI」という指標

結論からいえば,もっともアグレッシブなのはジェイソン・デイ,もっともコンサバティブなのはジョンソン・ワグナーということなのですが,これは「Aggresion Index (AI)」という指標に基づいた結果です。これを考案したのは,Mark Broadie。「Strokes Gaine…

API の週を振り返る|15th Club

という記事を,分析屋の 15th Club がまとめていました。 Ten Notes to Know: March 11, 2019 - 15th Club フランチェスコ・モリナーリは API の最終日を17位タイの位置からスタートして,最終的に優勝。これは1982年のトム・カイト(9位タイからの逆転勝利…

フランチェスコ・モリナーリの飛距離アップの秘訣とその効果

全英で勝って,ライダーカップで5戦全勝して。ある意味,フランチェスコ・モリナーリ以上の2018年を過ごしたゴルファーはいないんじゃないかと思いますが,その成功の裏には,飛距離の向上がありました。その秘訣と効果をまとめます。 効果 How 20 yards hel…

マキロイのドライバー,タイガーのアイアン,フィルのショートゲーム,スピースのパッティング|欲しいのはどれ

デシャンボーの真似に続いて,もうひとつ,ペパレルさんのツイートから。 「俺のアイアンショットが最高にキレてた2017年はゴルフがすげー簡単に感じてた。同意。パッティングが最高だからっていい結果になるとは限らないよな。」 From personal experience,…

川田太三『ゴルフライフ 極上の愉しみ―もう一歩深く、ゴルフをエンジョイするために』青春出版社

ブログ終了といえば,ゴルフ本書評と美魔女ネタで多いに楽しませていただいた「ゴルフも人生も no plan (;´Д`) 」も今月で終わられるとかなんとか…。寂しい限りです。 この本も,そちらのブログの書評で知りました。 ゴルフライフ 極上の愉しみ―もう一歩深…

Riviera 10番ホールの攻め方|進藤大典 vs. 15th Club

かの有名な Riviera 10番パー4。 進藤大典は GDO の連載で,「刻むなら、ベストポジションは211ydのバンカーを越え、ラフに入る247ydまでの間のフェアウェイ」,「狙うなら、ピンが手前の時は左サイドの270yd前後のバンカーも悪くない。30ydほどのバンカーシ…

100ヤード残しレイアップ問題

やきそばパンZさんのブログにあったこの問題。 An Open-and-Shut Golf: レイアップはグリーンまで100y残しますか? 本当に?! 2打目をぴったり100yに残すように打てる技術・技量・腕前があるなら、そもそもこんなこと考えなくってもよいんじゃないでしょう…

鈴木タケル,一川大輔『世界のスポーツ科学が証明する ゴルフ新上達法則』実業之日本社

ワッグルゴルフブック 世界のスポーツ科学が証明する ゴルフ新上達法則作者: 鈴木タケル,一川大輔出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2018/02/01メディア: 新書この商品を含むブログを見る この本の存在を知ったのは,こちらのブログ記事です。 鈴木タケ…

ピンは抜く? 挿す?|モリナーリ兄の実験

www.instagram.com 3つスピード(弱:真ん中からコロン/中:壁に当たる/強:当たって跳ねる)と3つの方向(真ん中/ピンに触る/ピンをかすめる),計9つのパターンで,それぞれ100球ずつ「Perfect Putter」を使って行なった実験の結果がこちら。 「弱」の…

シングルレングスアイアンに関する科学的な考察|あるいはなぜ番手ごとに長さが違うのか

グレッグ・ノーマンが,「もしまたゴルフ人生をやり直すなら,シングルレングスアイアンを使いたい」と言ったそうですが,グレッグ・ノーマンのクラブの話|パターとワンレングスアイアン - GOLF103 それで思い出したのが,以前出くわしたこの記事でした。Da…

「TrackManにまつわる6つの神話」というのを書こうとしていたんだけど

だいぶ前の話なんですが,GolfWRXでこの記事を見たときに,「お,面白い,訳そう」と思って,でも仕掛りのままほったらかしておいたんですよ。The 6 Biggest Myths About TrackMan – GolfWRX「TrackManにまつわる6つの神話」ということで,たとえばこんなの…

マスターズで勝つ可能性のある24人|2018年版

毎年恒例,WRXのマスターズ優勝予想。分析手法も変わりません。今年は少し増えて「24人」になりました。 The 24 players who can win The 2018 Masters – GolfWRX まず,アマチュアと初出場のプレーヤーを除外 初出場者がマスターズで勝ったのは,1979年の F…

TrackManはどうやってクラブヘッドスピードを測っているのか

ちょっと前にタイガー・ウッズのヘッドスピードが129mphで今シーズンPGA最速とかで話題になっていましたが(例えばこれ),これもちょっと関係する話。TrackManがどうやってヘッドスピードを計測しているか,についてのビデオです。www.youtube.com要するに…

リヴィエラの10番はグリーン左を狙うのが「正解」

いまゴルフネットワークで Genesis Open(Riviera Country Club)の中継を観ていて,有名な10番ホールの攻め方について解説の内藤雄士が,「(刻むかグリーンを狙うか)正解はない,松山英樹も『正解はないけれど,今は狙うことにしている』と言ってた」と語…

パッティングのラインがツアープレーヤーのパフォーマンスに与える影響|その傾向と,アマチュアがとれそうな対策

「上りのストレート」がいちばん決めやすいラインだと思います? 下の図でいうと,6時からのライン。どうやらそうではないらしいんですね。さらにいうと,プレーヤーによって決めやすいサイドがあるし,パットが上手い人と下手な人とのあいだでは顕著な差が…